vol.5 ume~something special

春を待つ、寒さ厳しい頃、私たちは梅の香りに包まれます。

雪の冷たさに耐え、人々に優しい春をもたらす梅の花は、

いくつもの季節を乗り越える、私たちの人生を写しているかのようです。

 

時にいじらしく、時にたくましく、歳を重ねる度に、

苦悩を乗り越え、より一層華麗に咲き誇るために、

梅の花はつぼみの中に身をひそめているのです。

 

みなに春を告げるために。

そう、梅の花はいつも、冬の壁を超えるのです。

梅の花のように、あなたも壁を乗り越えることができると信じれば、

いつでも様々な季節を乗り越えていけるのでしょう。

 

幸せとは、最初から、あなたに与えられたもの。

そして誰もが持っているものなのです。

 

奪い合う必要などなく、幸せになるために誰かを傷つけることはないのです。

また、誰かを傷つけているかもしれないなどと、おびえることもないのです。

世の中が暗く悲しみに沈んだ時は、

心の闇に閉ざされたあなたの心がみなと呼応しているのかもしれません。

 

濁った瞳で見つめる世界で生きていけば、人は歪んでしまうでしょう。

 

純真な心を大切にするあまり、それは逆に置き去りにされてしまった、

幼き日の宝物のように、放り出されてしまうのです。

 

純真な心で、改めて世界を見る時、あなたは時に臆病になるかもしれません。

 

辛い冬のような現実に直面して、今、何を感じるのでしょう?

感情を押し殺して生きるのは、儚い命の中、どんなに切ないことでしょう。

いつも、晴れ晴れしく答えが出るわけではないのは、

まだあなたがつぼみという防御の壁に身を包んでいるからなのです。

 

壁が立ちふさがる、そう言いながら、その壁で身を守っているのです。

あなた自身が作ったものだと気づけば、壁はいとも簡単に消えてしまうのかもしれません。

 

厳しい季節を乗り越えて咲く梅の花。

 

あなたには才能と幸せが与えられています。

今どんなに苦しい状況にあろうとも、

輝ける花となり、春を告げることができるのです。

思い思いに花開き、咲き誇ることで、匂やかに世界は輝き始めるのです。

 

世界の幸福の鍵を握るのは、あなた。

失敗など恐れず、心に感動を刻みながら進むことです。

 

You have brought something special into your life.

 

MON・24・FEB

 

Inspiration by Tomoko Ichiki,Rie matsuo

【次回は3月10日掲載予定(隔週月曜日更新)】

※情報は2014.2.24時点のものです

灰塚鮎子

Ayuko Haitsuka 灰塚鮎子/株式会社Elephant代表
遊び心とひらめき、クリエイティビティを大切に。
「美は精神にこそ宿る」をモットーに。

この記事もおすすめ