40を過ぎたら自分の顔に責任をもて

40を過ぎたら自分の顔に責任をもて

Every man over forty is responsible for his face.

これは、リンカーンの言葉。

人を見た目で判断するというのではなく、40を過ぎたら、顔や表情に表れる自分の雰囲気に責任をもてということ。

生活の荒れや、だらしなさというのは、確実にその人の外見にあらわれます。

それはいってみれば、からだ全体にまとわりつく、垢や澱みのようなもの。

昔は若さという武器で、荒れた生活を隠せましたが、歳をおうごとに、だんだん隠し切れなくなります。

これまでの生き方や考え方が、自然と顔や表情、雰囲気に、にじみでてしまうのです。

きちんと生きてきた人は、きちんとした雰囲気に

いい加減に生きてきた人は、いいかげんな雰囲気に

いくら高価なものを身に付けたとしても、やはり隠しきれません。

日々の生活の積み重ねが、自分を形作るのです。

自分に責任をもつということは、そういうこと。

たかが生活、されど生活。

あなたは今、自分の顔に責任がもてますか?

 

美収納コンシェルジュ園藤ふみ

HP:http://www.bisyuno.jp

ブログ:http://ameblo.jp/lilysstyle

 

※情報は2016.4.4時点のものです

園藤ふみ

美収納コンシェルジュ®園藤ふみ(えんどうふみ)です。 福岡市でお部屋片付け収納サービスを提供。 行政や企業の収納セミナーを多数担当。 企業への収納法の提案も手掛ける。 現在までのセミナー受講者数は約4,000名 依頼や紹介・リピートで伺ったお家は、のべ650軒。 収納セミナー・お掃除セミナー講師としても活動中。

この記事もおすすめ