人生の”最期の1ページ” あなたはどう送りたいですか?

みなさんは何年生まれですか?

私は、丙午(ひのえうま)生まれ年です。実はこの年、前後の学年と比べると、俄然人数が少ないです。これには迷信があり、「元気がよすぎて(男性を蹴る)、この年に女の子が産まれるとよくない」と、60年に一度回ってくる丙午は、女子が産まれるぐらいなら…と考える人が多く、人数が少ないようなのです。その丙午生まれの数より少ない出生率の「少子高齢化」と言われていた時代は早くもすぎ、いよいよ「超少子・超高齢・多死社会」という時代になってきました。

「1人で1人の高齢者を背負う」「人口減」はわかっていたけど、「多死社会」という言葉は正直ショックでした。本当にそんな時代になってきたんだ。そうなると余計に「生きる」そして「健康」とはなにか?を改めて考えないといけないなと考えました。

私は仕事で健康運動指導士という資格を持っていて、福岡県支部の手伝いをしています。(健康運動指導士とは、昭和63年から厚生大臣の認定事業として、生涯を通じた国民の健康づくりに寄与する目的で創設され、保健医療関係者と連携しつつ安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う役割を担う資格です。)

3月12・13日、糸島市にて、健康運動指導士を対象に介護予防の分野で活躍をしていきたい人のための、糸島市在宅医療・介護連携コーディネーター育成研修が開催されました。私はその事務局を担当してきました。

介護予防の実技と理論、また地域包括支援制度の学びをしたのですが、講習の中で「多死社会」という言葉を聞いて、日頃、若い世代、子どもを対象とする仕事をしている私も、いろいろ考える時間となりました。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ