vol.2-検査から始まる不妊治療 妊活のすすめ!

 前回【vol.1】では、不妊の状態、不妊の原因として考えられることを紹介しました。
今回は具体的な検査、不妊治療をご紹介します。妊活を意識されている方は、早めに検査を受けることをおすすめします。

妊活に欠かせない不妊の検査って?

 飯塚病院 産婦人科 不妊外来では、基礎体温の測定や、子宮卵管造影、ホルモン測定、超音波検査、精液検査など、不妊の原因を調べる基本的な検査を行っています。

<<女性側の検査>>
●超音波検査
 受精卵の着床を妨げる子宮内膜症や子宮筋腫の有無を調べます。
●子宮卵管造影検査
 精子や卵子、受精卵の通り道になる卵管の詰まりを調べます。
●ホルモン測定
 血液検査により、女性ホルモンの分泌や甲状腺の検査を行います。

<<男性側の検査>>
●精液検査
 採取した精液中の精子の数などを調べます。

不妊治療ってどんなことをするの?

 検査の結果、不妊の原因がわかったら、その原因に合わせた治療を行います。排卵が起こらない方にはホルモン療法や漢方療法で排卵を促します。子宮卵管造影で卵管の詰まりが疑われる場合、腹腔鏡下手術で卵管の癒着を剥がし、精子や卵子、受精卵が移動できるようにします。超音波検査で子宮内に異常が見られる場合、子宮鏡による手術を行い、受精卵が着床しやすくします。

体外受精にも影響する「年齢」

 一般的な不妊治療で妊娠できなかった場合、体外受精など生殖補助医療という選択肢もあります。最近では生殖補助医療(ART)で生まれる赤ちゃんは1年に約3万人、赤ちゃんの37人に1人がARTによって誕生した計算になります。このARTでも、妊娠の確率は35歳あたりから急速に低下します。一般的な不妊治療でもARTでも、大きなポイントになる女性の年齢。妊活を意識されるなら、早めの検査をおすすめします。

■関連記事

vol.1-検査から始まる不妊治療 妊活のすすめ!
https://aih-net.com/pikarada/column/20151204_2.html

つわりの症状は人それぞれ。上手な対策で乗り越えよう!
https://aih-net.com/pikarada/column/20151225.html

妊娠中の不安3つ!切迫流産・切迫早産、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病
https://aih-net.com/pikarada/column/20160122.html

ピカラダ/受けようケンシン
http://aih-net.com/pikarada/healthcheck/

 

※情報は2016.5.10時点のものです

ピカラダ by飯塚病院

輝く女性を医学的な観点から応援します!

ピカラダWEBサイトへ

この記事もおすすめ