[癒し系]猫のサニによる気まぐれブログ ~『静かに怒れる猫のぼやき』の巻~

 飼われてやってる猫のサニです。この「サ日記」も、ようやく10回目ニャ。

 なんか、かつての日本人F1レーサーの名前を組み合わせたような名前の政治家が、地震と選挙について、とんでもないこと言ってんニャア。

 

 

 お食事中の人がいらしたら、ゴメンナサイ。朝方、階段でえさを吐いちまった。飼い主も薬を飲んでる逆流性食道炎かもしれん。朝から掃除させて、すまなかったニャ。

 ちょいと、運動不足なのかも。お天気も良いし、外でからだを動かしてみるわ。

 「ためしてガッテン」だったか、テレビで草を噛むと、消化にいい、と言ってたぞ。ためしてみっか。

 でも、やっぱかつお節の方が旨いぞ。

 飽きっぽいおれ。5分も外にいたら、退屈した。部屋に戻るぞ。さっき、迷惑をかけたので、飼い主サービスでもするかニャ。

 アメトークの「猫メロメロ芸人」で、徳井が、「パソコンとかやってる時、じゃまされんのが、たまらん可愛い」言いよったぞ。

 おれも、飼い主の書き仕事をじゃましてやる。

 ひとしきりサービスして、飼い主を癒したら、疲れた。眠るとするか。これが、狭くて涼しく、時にあったかい「猫つぐら」じゃ。時々愛用している。よく寝れるぞぅ。

 次回、猫つぐら(地方によっては、猫ちぐらともいうらしい)について、説明してやる。

 きょうは眠いから、朝だけど、おやすみニャさい。

※情報は2016.4.20時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ