[癒し系]猫のサニによる気まぐれブログ ~『首の太い猫の生活と意見』の巻~

 きのう、博多駅にマルイの入ったKITTEというビルがオープンしたらしい。物欲の無い猫らしい猫のおれは、商業施設に興味はないが、飼い主は興味があるらしく、行ったようだ。中華料理屋で担担麺食って、全階見て回ったという。ユニクロの前でゆるキャラの写真を撮ったのを転送してもらった。「聖徳明太子」だって。知らんかったぞ。十人の訴えを同時に裁けるキレ者なのかも。

 きのう、おれの先代猫、みぃさんのことを書いたので、敬意を表して、お参りした。会ったことはないが、うちの連中は、「大人しくて、迷惑をかけないいい猫じゃった」と言う。おれが、「騒々しくて迷惑をかけるワルい猫」ということか。ふんっ。

 庭に埋めるのもしのびないということで、今も骨壺に入ってるニャ。

 とにかく、おれは「首が異常に太い」と言われてるニャ。”ラグビー猫”とも言われるが、そりゃ正確には、”ラグビーのフォワード猫”じゃねえか。ポジションによって、首の太さは違うぞ。いずれにせよ、首は細いより太い方が、安定感があって、よろしい。

 爪研ぎの上は、妙に心地良い。こういうちっさいスペースに収まってると、「また、使い方間違っとう」とか言われるが、わかっててやっとるんじゃ。お前らには、わからんめえ。

 出勤前の奴の膝の上に乗ってやるか。これも「甘え」を期待されてる飼い猫のおつとめだからニャ。

 そういやあ、福岡市は熊本に送る救援物資の受付を、いったん中止にしとるごたる。少し、不足は解消したのだろうか。

 では、良い週末をニャ。前も書いたが、おれに曜日は関係ニャイがな。

※情報は2016.4.22時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ