[癒し系]猫のサニによる気まぐれブログ ~『健康に感謝する猫の気持ち』の巻~

 おはっす。サニです。

 この「サ日記」も13回になったニャ。ゴルゴ13には、遠く及ばないが、継続は力なりだニャ。なんか西洋の宗教では、教祖の受難に関わる数字ということで、「13」は縁起の悪い数字らしいニャ。川崎フロンターレの大久保選手が、あんだけ点を取るのも、外国人選手がビビッて逃げ出すからだろうな。

 土曜日、ひさしぶりにかかりつけのお医者さんに連れて行かれたぞ。とくに悪いところがるとも思わんが、何か月前に”まめ”ってゆう不届きな奴と争って、背中に傷をつけられたから、そのケアだ。みなさんも、かかりつけ医は持った方がいいぞ。福岡県では、「とびうめネット」ていうのがあるのに、加入率が低いらしいよ。

 おれだって、医者はいやだ。「イシャハどこだ」っつう古い漫画もあったな。自然と暴れるんで、こんなオリみたいのに、入れやがる。いくら狭いとこが好きだっつっても、これは気持ちが悪い。

 診察されてるおれ。さすがに神妙だろ。イノマタ先生の奥さんが診てくれた。注射は無さそうだぞ。よかったぞ。飼い主がおれの名前が「サニー」と表記されてるのを、「サニ」に訂正してくれた。ま、フツー「サニー」と思うだろうニャ。

 

 これが、おれが診てもらった部屋の外側。愛らしい足跡をあしらってるが、入る前怖いことに変わりはないぞ。

 イノマタ先生から、「ダイジョブです」のお墨付きをいただいたので、帰ってまた、かつお節だ。体重も5.22キロで理想的だ。次回は、体脂肪率も測るかニャ。

 みなさんも、健康第一でニャ。

※情報は2016.4.25時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ