保育園めぐる騒動 その背景にあるものとは―?

「保育園落ちたら…死ぬのはだれ?誰も死なない!」

それぐらいこの話題は日本にとって子育て事情に大きな傷跡を残すこととなりました。

これにより今までの悪い膿(課題や問題等)が一気に出て、これからの新しい進展への扉が開いたのかもしれません。

ブログが公開されて早3カ月…

まだまだこの話題は、専門家や政治家、メディア、保育業界、そして子育て中のママさん達にとって、とてつもなく大きな問題として残っています。

こんにちは。やのっちパパです。

前回からの続きです。やはりこの話題は賛否ありつつも色々と反響があります。

「保育園落ちた日本死ぬ!!!」の件

2月15日に「はてな匿名ダイアリー はてラボ」に書かれたブログ

(URL:http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

結論から言えば…

このブログにより国が動いたこと。

匿名でありながらも、やはりその内容には多くのママたちが共感を示し、専門家も今まで以上に声を出し始めた。

ほらっ。やっぱり同じ境遇の方々が同調を始めましたね。

ほらっ。やっぱり同じ境遇の方々が同調を始めましたね。

今まで聞く耳を持っていなかった国や政府が、その声を聞き始めてのだ!!

(厳密に言えば、無視できなくなった。)

ある意味、チャンスであると思います。

課題は沢山ありますが、課題や問題点が分からずに、改善は出来ない。

だからこそ課題を洗いざらい出して、多くの人が、子育て中ではない人もこれから子育てをしていくだろう若者たちも、この問題を考えていくべきであると思います。

では、前回の続きで、ブログの内容を見ていこうと思います。

・保育園に預けられないなら仕事を辞めなきゃいけない?

子どもを保育園に預けないといけなくなるということは、きっとこの方は会社務めで、育児休暇を取得していたのでしょう。

そもそも育児休暇とは…

子供が生まれた日から1年間。正確には出産から子供が満1歳になる誕生日の前日までの1年間取得可能となります。(公務員の場合など3年間の仕組みもあります。)

その1年を過ぎたら、保育園等に預けないといけなくなります。

だからこそこの年代で保育園に入る子どもが多く、親御さんも殺到するのです。

だからこのブログのママのように、保育園に落ちたという件が増えるのです。

しかし、そういう事例は以前からもあっていたのでしょう?

こういう制度も存在しています。

「育児休業を1歳6ヶ月になるまで延長」

そう1年+あと6ヶ月延長できるのです。

勿論それには【保育所に入所を希望し,申込みをしているが,入所できない場合】が第一条件で、その他にもありますが、これもきっと保育園に預けられなかった親の為の処置だと思います。

また自治体においても独自の制度があったりもします。(東京都の認証保育園など)

そこまでの制度をこのブログを書いたママが知っていたのかは不明ですが、情報を知っておくと、いざという時に助かるかもです。

その制度を使っても尚、保育園に預けられないとなると、職場との協議になると思います。年休などを使って対応するか?休職扱いとなるか?辞めることになるのか?子どもとずっと傍にいながらこの協議自体が大変かもです。

子どもの為、家族の為…ママたちの葛藤があふれています。

子どもの為、家族の為…ママたちの葛藤があふれています。

 

・児童手当と少子化なんたら対策って??

いや~児童手当20万、そうなったら嬉しいですね!ありがたい!!

しかし現実問題、無理でしょうねww

現在、児童手当は…

・中学校終了までの国内に住所を有する児童に対して支給

・0~3歳位未満は月15000円、3歳~小学校終了まで月10000円、中学生月10000円

と簡単に説明すればこんな感じです。
(勿論、所得制限や第2子や第3子以降などの細かい設定もあります。)

第1子で1歳とすると…

月15000円×12ヶ月で、1年間で180,000円入ることとなります。

これが子育て中の家族にとって、多いのか少ないのか

それは家庭環境で変わりますが、確実に支給されて助かるものではあります。

経済不振、景気悪いなど言いますが…この支給額は上がってきています。

支給額は上がっています。そもそも何が不満なんでしょうか??

支給額は上がっています。そもそも何が不満なんでしょうか??

 

1972年に制度発足時には、5歳未満の第3子以降などの制限があり、現状の第1子から支給となったのは1992年、月5000円。それから制度の改正が進み、現在の制度となっています。

これだけ見れば、時代が進むにつれ…

子育ての制度や体制に対しては手厚くなっている感じもいますね。

そして最近では、この騒動をきっかけに…

政府の諮問会議などでは「子育てクーポンの導入」も出ているとのこと。

具体的内容やそれが本当に子育て中の方々にとってありがたいのか関係なく見ると、意外とこの日本の制度や体制は、子育て中の方々や子どもたちにとっていいのかも。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ