たかが習い事、されど習い事「子どもの学び」を考える

「子どもさんも2歳でしょ?…もうそろそろ考える?習い事??」

いいえ、まったく考えていません やのっちパパです。

新学期も始まり、少し子どもさんもパパママも新しい環境に慣れてきた今日この頃だと思います。

だからこそ出てくるのが…

「もうそろそろ何か習い事始めてみない?」

そんな思いや考えが出てくる家族さんも多いことでしょ!!

それだけ、子どもと習い事というものは切っても切れない関係になりつつある昨今、その【習い事】について今回は書いてみようと思います。

※くれぐれも習い事が良い悪いという話ではないです。

 最近の習い事事情

日頃、多くの子どもたちやママたちと会うことが多く、時にこんな話になることがあります。

 「今日は夕方から習い事が…」

「明日は塾で、明後日はダンスで…」 

とかとか。習い事をしてない親子を見つける方が難しいぐらいに…

多くの親子が習い事をしている感じがします。

私自身もこう見えて、3歳ぐらいから大学卒業まで約2o年間ピアノを週一で習っていました。

我ながらよく続けていました。しかしもう弾けないですww

我ながらよく続けていました。しかしもう弾けないですww

そんな感じに親子にとっての身近にある【習い事】

最近はどんな感じなんでしょうか??

少し見ていきたいと思います!!

実は2人に1人の子どもが何らかの習い事をしている!

0歳~小学生(中学生になると部活とか塾が普通なので対象にはいれません)

その内、なんと2人に1人は何らかの【習い事】をしているとのこと。

それは親の希望や狙いもあれば、エゴもあったりもするでしょ?

また子ども自身のやりたい気持ちもあれば、楽しんでいることもあるでしょ?

そしてその【習い事】を子どもや家族のステータスと感じている人もいるでしょ?

それぐらいに2人に1人が習い事をしているっていう社会らしいです。

そしてその習い事をしている子どもの50%程が1つ以上の通っているとのこと。

また習い事を4つ以上している子どもが4%もいるとのこと。4つですよ?4つ!!大したもんです。

習い事の相場って5000円以上は当たり前?

【習い事】とはいえ、ただではなく、お金はかかります。所謂、月謝というもの。

勿論、親が払う形です。

そう考えるとやはり裕福な家族さんじゃないと、複数の習い事はできないです。

(この辺から広がる「子どもの貧困」の話はまたいつか)

月謝は、その習い事の内容や種類で様々ですが…

私が習っていた個人の先生のピアノの週一レッスンでさえ、月5000円だったので、それぐらいはかかると思って間違いないです。

子どもの習い事とかで、よくCM等でみるような、町中で、住宅であっている勉強の「○○式」さんは、月6480円からとのこと。

読み・書き・算数…まさに基本の学習の習い事w懐かしいでしょ??

読み・書き・算数…まさに基本の学習の習い事w懐かしいでしょ??

人気のスイミングスクールも大体4000円~6000円

男の子に人気のサッカーなどは3000円~10000円(別途ユニフォーム代がかかる)

※サッカーや野球などは地域のスポーツ少年団とかなら若干安いかもです。

ともあれやはり1つの習い事に5000円以上はかかります。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ