[癒し系] 猫のサニによる気まぐれブログ ~モノを持たないしあわせをかみしめるの巻~

 ニャンかお天気が悪いぞ。きょうも霧雨が降っておった。もうじき初夏に入るが、涼しいのは良いけど、イマイチ気分も晴れない。熊本や大分も雨降らんほうがいい。

 このブログ、文体に漱石や筒井康隆の影響を受けてることは書いたが、他にも何かに似てると思ったら、超有名なグループ「E」の元ボーカルで、ソロになり山口県に住んでる「K」という人が以前書いてたブログ(突如閉鎖して今は無い)の口調に似ておる。その人が「ほんじゃの」で締めくくるところを、おれは「じゃあニャ」と書く感じかな。もう見れないから、諸君は確かめようもないがニャ。

 

 今朝も、おれは、地道に新聞に目を通しネタを拾う。最近は「意識高い系」と思われるのがイヤで、新聞を読まないとかいう若い連中が多いらしいが、それじゃ話題も広がらん。ベッキーの復帰がどうしたとか、フクヤマの月9の視聴率がどうだとか、そんなありきたりなネタじゃブログも見てもらえんに決まっとる。

 まずは、スポーツ紙でも良いから新聞ぐらい読んだらどうニャ。

 どうでもいいが、元ホークスで今ヤクルトのアラカキナギサは、100暴投まであと一つと迫ったらしい。ほめられた記録でもニャいが、それだけ投げさせてもらってるってことだよな。10対0くらいで勝ってたら、すぐに達成できるが、それじゃつまらんな。

 西日本スポーツには、サッカーのアビスパ福岡がU12を復活させた記事が載ってて、大変めでたい。強いのも大事だけど、やっぱ地元の子どもを育てないとニャ。最近は、野良猫も「地域猫」として、暖かく見守ってもらえるようになってきたし。

 おれは、広告もよく見る。文春には、「世界一貧しい大統領」のインタビューが載っとるごたる。ほとんど給料は寄付して月1000ドルくらいで暮らしてるらしいが、いい表情しとるぞ。おれも、食欲はあっても、物欲は全く無い。株価が上がったの下がったの、円安だニャンだ、と右往左往しなくてもよい。ドロボーになんか取られる心配もない。心からの自由を楽しんで、一瞬一瞬、「あの鳥をつかまえてやろう」とか「あのバケツの水がおいしそうだ」とかだけ考えて生きておるぞ。

 さて、そんなモノにこだわらないおれだが、飼い主はやたら色々モノを買いたがる。きょうのお役立ち情報は、上の写真、「フランク三浦」だ。もちろん、チョー高級時計の「フランクミューラー」のもじりだ。

 文字版にもしっかり「フランク三浦」と書いてある。シャレのわかる人にプレゼントであげると、喜ばれるかも。ちなみに、写真のは、飼い主がアマゾンで2700円で買ったやつ。

 母の日は終わったが、次は父の日もあるぞ。

 ほんじゃニャ。

※情報は2016.5.11時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ