[癒し系] 猫のサニによる気まぐれブログ ~きょうから週末までは、お天気良さそうの巻~

 ”南海の暴れん坊”ことサニだ。おれは、きょうもヤンチャするぜ。

 だが、タイトル写真は、出勤前の飼い主の膝でおとなしく甘えるおれだ。いつも率先してかつお節をくれるから、感謝の念を示しとかなきゃニャ。

 

 しかし、だんだん本性が現われ始める。こうやって、ひざの上に居てもだんだんじっとしておれなくなるのが、おれの野性の血だ。”ヤング・ブラッド”と言ってもいい。

 何に腹を立てているというわけでもないんだが、猫パンチ&猫キックのあげく、腕を鋭いキバでガブリ!! いつしかこのパターンで暴れているおれ。

 これ以上飼い主に迷惑をかけたらいかん。おれは、黙って外に出る。黒澤映画のミフネの感じだ。しばし、心を鎮めよう。

 充分に反省し、心も静かになったんで、入れてくださいニャ。

 おれは、「シャケよりもカツオ派」なので、北海道にはあまり興味がニャイが、飼い主はカニだのイクラだのザンギ(ニャンだ?)だの北海道の食べ物が好きらしい。きょうから日曜まで、福岡天神の中央公園でこんなのやってるぞ。

 パネルに「晴天の下で」とか勝手に書いてるが、ほんとにずっと晴れてそうだニャ。主催者は運が強い。

 テンジンてとこは、いつもなんかやってるイメージがあるニャ。こんなイベントもあるみたい。おれは、下戸だから行かんが、飲み助の諸君は行ったらどうニャ?

 じゃ、せいぜい肝臓もいたわるんだニャ。

※情報は2016.5.12時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ