[癒し系] 猫のサニによる気まぐれブログ ~『熱男よりカツオ』の巻~

 ホークスが9連勝の壁を超えられないっつう、贅沢な悩みが書かれてるぞ。早くも「貯金13」。圧倒的に強いわ。セリーグ首位の巨人でも貯金3で2位と0.5差なのに。

 今年も「熱男(あつお)」旋風健在ってとこだが、野球にキョーミの無いおれとしては、それよりも「鰹(かつお)」だ。正確には、かつお節だ。何度も書くが、ほんにかつお節はウマい。いくらでも食べられる。「土佐日記」のパロディであるこの「サ日記」だが、出不精のおれも、土佐に行って、思い切りかつお節をむさぼり食いたい。鹿児島の枕崎でもいいぞ。

 「サニにかつお節をやると、周りにこぼれてきたなくなる」とか言われるが、濡れ衣じゃ。飼い主が手づかみで茶わんに入れる時に、すでにこぼれおるわ。まあ、かつお節をくれるやつだから、あんまり言えんけどニャ。

 おれにかつお節をくれるやつは、自分でも「ネコめし」が大好きらしい。なにかしら飯にかけて食うのが好きだが、かつお節をかけて醤油みたいなこともやる。もっとも、いわし節の方が好みのようだ。今朝も食ってたぞ。

 きょうは、「たたかうTシャツ屋」伊藤製作所のことをおしえてやろう。トーキョーに谷中という猫の聖地があるらしく、そこに店を構えてるそうだ。上の写真はうちにある1枚。わらかすぞ。

                 ↓こっちがウラ。

 さすがに表には着ていけないのか、いちばん若い飼い主のやつが、部屋でよく着ている。

            ↑こげな新作も出てる。

            ↑ウラオモテ見ると、こげな感じだ。

 きつい部活を辞める時とかに着ていくとイイゾ。怖い先輩から半殺しにされるかもしれんがニャ。

 ネットでも買えるぞ。おれは、店の回し者ではニャイが。。。

  さあ、そろそろ爪でも研いでお出かけの準備をするかニャ。天気もいいし。

 おれは遠出はしないが、きのうも書いたが、北海道の物産好きは、天神中央公園に行くと、みそラーメンとか売ってるぞ。かにとかいかめしとかもニャ。

 やっぱ、おれには半径50メートル以内がよくニャアう。富士には月見草がよく似あうようにニャ。

 次回は、誰も知らない「アベ1強のナゾ」に迫るからニャ。たのしみにニャ。

 

 

※情報は2016.5.13時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ