効能いっぱい 旬の食材で五月病にサヨナラしよう!

春の野菜には効能がいっぱい!

 春はお出かけしやすい素敵な季節ですが、新しいスタートを切り、忙しく過ごしている方も多いと思います。そんな中で最近「なんだかボーッとしてしまう」「疲れやすいな」、そう感じることはありませんか?「五月病」と言われるように、この時期は体の不調が起きやすくなります。そんな時は、旬の食材からパワーをもらうのが一番。特に春は、寒い冬を乗り終えた植物が持つ高い栄養価を得るチャンス。
 今回はそんな栄養満点な春野菜の中から、スーパーでよく見かけるものを3つご紹介します。

よく見かける野菜からオススメをご紹介

 春野菜といってもたくさんありますが、その中から3つピックアップして、注目の栄養素とともにご紹介します。

●春キャベツ:ビタミンC、U、カルシウム、カロテン
キャベツに含まれるビタミンCは野菜の中でもトップクラス。ビタミンCは美容に欠かせない成分ですよね。ビタミンUは別名「キャベジン」。胃腸薬として使われている成分で、胃腸の調子を整えます。
●アスパラガス:アスパラギン酸、ビタミンB1・B2、ビタミンC、E、B、ルチン
名前の由来にもなっているアルパラギン酸は疲労回復、スタミナ増強の効果があります。また、ビタミンB1・B2も多く含まれ、栄養素の代謝を活発にする働きがありアスパラギン酸と同様の効果がみられます。ルチンは毛細血管の強化、血流の改善、そして抗酸化作用があります。生活習慣病対策にも欠かせない栄養素です。
●ニラ:硫化アリル、ビタミンB2、C、カロテン、カリウム
スタミナ食材としても有名なニラは、強い香りが特徴ですよね。この香りは硫化アリルからくるものです。糖質の代謝に必要なビタミンB1の吸収を促したり、効果を持続させたりする効果があります。また、血行を促す作用もあるため、体を温める効果があり、また胃腸の働きも助けてくれます。
 
 

効率よく栄養を摂るには?

 栄養満点な春野菜、効率よく摂り入れたいですよね。次はオススメの食べ方をご紹介します。

●春キャベツ
ビタミンC、Uは、熱に弱くかつ水溶性です。葉が柔らかいので、サラダや千切キャベツとしてそのまま食べるのがいいですよ。
●アスパラガス
茹でて食べるなら、根元だけ先に入れてから全体を1分程度で。水溶性ビタミンを含んでいるので、茹でるよりも炒める方が栄養はたくさん摂れます。
●ニラ
硫化アリルは根元に多く含まれているので、切り落とすのは少しだけにしましょう。ビタミンB群を含む豚肉やレバーと一緒に炒めると豚肉やレバーの栄養吸収率がアップします。茹でて食べる時にはさっと茹でるだけにしましょう。
 

■関連記事

vol.1-カラダを冷やす・温める食材の持つ力がスゴイ!和漢食のすすめ
http://aih-net.com/pikarada/column/20151204_1.html

ピカラダ/コラム/vol.2-カラダを冷やす・温める食材の持つ力がスゴイ!和漢食のすすめ
http://aih-net.com/pikarada/column/20151204_1_2.html

気になるしみ・そばかすは食事での紫外線対策も大切です。
https://aih-net.com/pikarada/column/20160408.html

 

※情報は2016.5.17時点のものです

ピカラダ by飯塚病院

輝く女性を医学的な観点から応援します!

ピカラダWEBサイトへ

関連タグ

この記事もおすすめ