ウォーターフロント「ベイサイドプレイス」をほっつき歩きの巻

亀爺(かめじぃ)じゃよ。

亀爺がほぼ毎週訪れるのがウォーターフロント「ベイサイドプレイス」。

自宅から歩いて40分ほど。海の香りと波止場に停泊する様々な船舶をながめるとリフレッシュできるのだ。

ここ1、2年は大型客船が国際ターミナルに停泊しているのをよくみかけるぞ。

またベイサイドプレイスには免税店があり、「爆買い」する中国の旅行団体に出会うこともしばしばだ。

免税店で買い物した中国人旅行客

免税店で買い物した中国人旅行客

 

上海から来航する船が多いようだが、旅行者にどこから来たかを尋ねると、北京や上海、山東省などかなりばらばらだ。最近よく見かける大型旅客船は3隻。

 

もっとも大きいのがクァンタム・オブ・ザ・シーズという船。なんと17万トン、4千人を超える乗客が収容できるそうだ。この船は大きすぎて箱崎埠頭にしか停泊できないようだ。

箱崎埠頭のクァンタム・オブ・ザ・シーズは大きすぎて全体が撮れない

箱崎埠頭のクァンタム・オブ・ザ・シーズは大きすぎて全体が撮れない

 

中央埠頭で一番よく見かけるのがコスタセレーナ(11万4千トン、3780人収容)とスカイシー・コールデン・エラ(7万5千トン、1800人収容)で、いずれもりっぱな大型船だ。

中央埠頭のコスタセレーナ

中央埠頭のコスタセレーナ

 

最近よく見かけるスカイシー・コールデン・エラ

最近よく見かけるスカイシー・コールデン・エラ

 

亀爺も、いつかこんな船で世界1周旅行をしたいものじゃ!

 

※情報は2016.5.18時点のものです

亀爺

一部では評判のよくない団塊の世代の当事者。

「グランドパス65」を自慢げに掲げて悦に入る。どこにでも行けるのじゃ!と市内を放浪するのが楽しみ。

糖尿、高血圧と戦いながら暇を見つけてはひたすら街を歩く。歩いていると、これまで気付かなかった風景や意匠、事件?に出会うことも。福岡に限らず九州、海外をほっつき歩くこともしばしばである。

趣味は下手なゴルフ、台湾と韓国の街歩きと立ち食い。

この記事もおすすめ