[癒し系] 猫ならでは!猫が書くブログ ~『もう一人のアベちゃん=阿部寛について』の巻~

 あしたから、カンヌ映画祭に出品した「海よりもまだ深く」という映画が始まるニャ。

 先日は、お化けの出るらしい首相公邸に平気で泊まるアベちゃんのことを書いたが、きょうは、もうひとりの俳優のアベちゃんについて書く。余談だが、おとといからきのうにかけてもアベシンゾウさんは、公邸に泊まったぞ。これこそ強シンゾーってやつか。

 

 おれは、映画館には行けないからDVDになるのを待つしかニャイか。なんでも、高度成長期にはあこがれの的だった団地ってとこが舞台みたいだ。おれは、住んだことないからわからんが、週刊じゃない方の文春の記事で、アベヒロシさんも子どもの頃近くに団地があって、あこがれてたらしい。

 アベちゃんといえば、おれが居る家では、ニャンといっても、テレビドラマの「結婚できニャイ男」だ。何度も再放送やってるが、面白いおもしろいと言って、繰り返し見てるぞ。アベちゃん演じる偏屈だけど優秀な建築士「クワノさん」は、意外なハマり役だった。奥さんのタカシマレーコと一緒に出てた同業者役のタカチノボルもいい味出してたニャア。

 一つ気に食わないのが、お隣さんのペットが「ケン」というパグ犬なことだ。なんかドラマの中で人気者で、居なくなった時に、クワノさんも、「ケンっ!ケンっ!」と必死で探してた。放映当時世間では犬の方が人気があったんで、そげな設定になってたんだろうが、今ならおれとかが出てるかもしれんぞ。「サニっ、サニっ」と呼ばれて探してもらったりしてニャ。

 若いアベちゃんファンは、是非DVDでも借りて見てみたらいいニャン。ま、再放送もまたそのうちあるよ。

 新聞もネットも見るが、ほんとおれもテレビ見るの好きだニャ。朝ドラのあとは、ワイドショー。マスゾエさんの顔も見飽きてきたぞ。そういやあ、一頃は毎日「イノセさん」だったが。あの人も、もう何事もなかった感じになってるニャン。

 さて、テレビも見飽きた。出かけるかどうするか悩みどころだ。おっ、飼い主が買った猫Tシャツがあるぞ。この柄だと、朝めしよこせのアピールになるかニャ?

 また、出社中の飼い主からLINEだ。大先輩・シロさんがお散歩だニャ。うん、お元気そうだ。きのうも、高いたか~い塀に昇ってたらしい。

  また、飼い主からLINE。はぇーニャ。天神の大丸とおんなじ場所の17階で「ビアテラス」ってのが、きょうから始まるみたいだ。おれは、酒飲まニャイが、前売りで3800円飲み放題、飲んべえにはたまらんやろ。で、ビアガーデンとはちがうんかにゃ?

 ところでだ、きょうの最後にこの西鉄バスの写真を提示する。このにわか面のやつ、犬っていうんだが、どうみてもおれたち猫族だろ?

 どう思う?

 じゃ、またニャ。

 

※情報は2016.5.20時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ