高千穂峡を乱舞するホタル~パワースポットのさらに幻想的な姿を見に行こう!

天孫降臨の地として多くの伝承と神話が語り継がれる、日本を代表するパワースポット、宮崎県高千穂町。

昨年末には高千穂峡が「世界農業遺産」に認定され、農林業や森林、棚田など美しい景観を形成し、また世界でも貴重な伝統文化、生活を受け継いでいるエリアとして、さらなる注目を浴びています。

そんな大人気の観光地高千穂ですが、今年は九州の他の観光地と同様、地震の影響を受けて、観光客が激減しているようです。

行ったことのある方は経験したかもしれませんが、通常時は長時間並ぶこともある高千穂峡の貸しボートも、今ではスムーズに乗れるケースが多いそう。

ただ福岡からの交通網も一部をのぞき復旧しており、問題なく観光できる状況になっているようなので、今こそ訪れてみるチャンスかも!

そんな高千穂のこのシーズンの魅力の1つとしておすすめしたいのが、神秘的な夜の高千穂峡を、たくさんの「ホタル」が更に鮮やかに彩る光景です。

写真は第49回キャノンフォトコンテストで約2万点の応募の名からグランプリを獲得した、延岡市の甲斐靖一さんの作品「峡谷の蛍」。

ライトが消えた高千穂峡、月明かりの下で、たくさんのホタルが「乱舞」する光景は、実に幻想的。パワースポットがこの時期だけ見せるさらに美しい姿を、存分に味わってみては。

なお、見頃は5月下旬から6月中旬ごろ。年によって変わるようなので、事前に観光協会へ問い合わせたほうが良さそうです。

ホタルウォッチのあとは、毎日20:00から開催される「高千穂神楽」がおすすめ。

国の重要無形民俗文化財にも指定される「高千穂の夜神楽」では、秋の実りに感謝し、来年の五穀豊穣を願って、夜を徹して三十三番の神楽が奉納されます。(11月中旬~2月中旬の期間限定)

これに対し「高千穂神楽」は毎日奉納され、三十三番の夜神楽のうち代表的な四番を、各集落の舞手が交代で奉納する、初心者でも気軽に楽しめる内容となっています。

天孫降臨の地、高千穂の神秘性を肌で感じることができるこの神事を、ぜひ体験してください。

高千穂神楽
・時間 /毎日20:00~21:00(受付開始19:00~)
・場所/高千穂神社 神楽殿
   宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
・拝観料/700円(小学生まで無料)

高千穂峡のホタル、高千穂神楽あわせて観光に関するお問合せは高千穂町観光協会まで。このシーズンの高千穂を、ぜひ満喫してみてください!

高千穂町観光協会
TEL/0982-73-1213(休日・祝祭日も可)

※情報は2016.5.24時点のものです

高千穂町観光協会

TEL0982-73-1213

関連タグ

この記事もおすすめ