伝統の技とアイデアで創る おんせん県“大分”の新しい銘酒!【本格麦焼酎 神々】

大分といえば日本を代表する“おんせん県”。

東九州自動車道の開通により福岡から足を伸ばした方も多いのでは?

そんな大分から新しい名産として源泉温泉水を使った焼酎を作っているとの情報をキャッチ!

そのような新しい取り組みを行っているのは由布市の小野酒造さん。

大正元年創業の伝統ある酒蔵で麦焼酎「由布岳」や「黒由布岳」などを造っているそうです。

小野酒造株式会社  代表 小野宗之さん

小野酒造株式会社  代表 小野宗之さん

大分の新しい名産を生むべく、様々な会社のバックアップもあり実現した温泉水を使用した本格麦焼酎「神々」。原料は九州産のはだか麦、さらに技法にもこだわっています。

効率は良くないと言われている昔からの伝統機「常圧蒸留機」を使用して蒸留しており、「iichiko」や「二階堂」に代表される麦焼酎特有のすっきりさや香りを残しつつ、しっかりとした呑みごたえのある一滴ができるそうです。

昔ながらの蒸留機「常圧蒸留機」

昔ながらの蒸留機「常圧蒸留機」

使用している温泉水は大分市の丸亀温泉水。以前「丸亀温泉」がありこの辺りでは珍しく飲める温泉「飲泉」として利用でき、地域の方も汲みに来る程なんだとか。地下800mからくみ上げられるこの温泉水、なんと約一万五千年前の源泉だとか。もちろんミネラル分は豊富でとくに最近、保湿成分として人気の「メタケイ酸」が豊富に含まれているらしく、コラーゲンの生成、老化の抑制、新陳代謝の促進など美肌効果に期待大!
美味しく酔っぱらうだけでなく、美肌効果も期待できるなんて・・・
ご購入は一部の店舗とインターネットから。大分の新しい銘産に注目です!

源泉温泉水を使用した本格麦焼酎 神々(じんじん) 720ml

源泉温泉水を使用した本格麦焼酎 神々(じんじん) 720ml

販売価格/30度(金):4860円  25度(銀):2700円 (税込)

購入はこちらから http://www.premiummall.jp/products/detail.php?product_id=963

【PR】ファンファンセレクトショップ・九州逸

※情報は2016.5.25時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ