伊勢志摩サミットで使われた?! 日本のテクノロジーが詰まったボールペン

5月26日に発売された「ユニボールシグノ 307」

同日に開催された「伊勢志摩サミット」へ協賛されたボールペンとして注目されています。

昨年9月に北米でデビュー。ついに日本国内で発売!

昨年9月に北米でデビュー。ついに日本国内で発売!

ゲルインクタイプでなめらかな書き味が特徴なのですが、このインクに日本発の特殊素材が用いられています。

それは「セルロースナノファイバー」(CNF)。

植物に含まれるセルロースをナノメートルまで細分化した新素材で、軽くて丈夫で、なにより稲わら、砂糖きびやじゃがいもの搾りかすなどからも作り出すことができるため、持続型資源で環境の負担が少ないんです。林業の成長産業化の一つとして、「日本再興戦略」で研究促進が明記されているほど大注目されています。

このCNFをゲル化剤として、世界で初めて実用化したしたのがこのボールペンなんです!

通常は高粘度のゲルですが、流動時には液状となるため、筆記の速度でインクの粘りけが適切に変化します。

だから、速書きでもかすれないですし、インク溜まりができにくい!

さらにゲルインクだから、耐水性・耐光性に優れています。

ペン先は0.5㎜と0.7㎜の2種類です。

ゴールド文字が0.5、シルバー文字が0.7です

ゴールド文字が0.5、シルバー文字が0.7です

ボールペン1本に、こんなテクノロジーがギュギュっと詰まっています。

だから文房具って知れば知るほど、おもしろいんですよね。

まんぷくまんぞく。

おかわりくださーーーい!

※情報は2016.5.29時点のものです

雑貨館インキューブ天神店

住所福岡市中央区天神2丁目11番3号ソラリアステージビル
TEL092-713-1092(代表)
URLhttp://www.incubenews.com/

大きい地図で見る

中村ふみ江

全国に13店舗を展開する雑貨館 インキューブ第5グループ長。雑貨専門学校を卒業後、家具職人として働いていたこともあり、興味あるものにはズッポリはまってしまう職人気質。知るほどに奥深い文房具、おなか一杯になるまでご紹介します。

この記事もおすすめ