ファンキー加藤の始球式に注目!【サ日記】 ~ これは新手のPR手法ニャのか の巻~

 おれはオスの飼い猫だが、ブログも書く。

 ファンキーって人が、W不倫で出来た子どもを認知するらしい。おれは、あの手の歌は苦手だからよく知らなかったが、なんとかベイビーズ解散後、僧侶になると言ってた人と勘違いしてた。「仏に仕える身で言語道断」と一瞬思った。おれは、信心深いから毎朝ハンニャア心経を唱える。まわりの奴らには、「ニャアニャアニャアニャア」としか聞こえないだろうが。とにかく仏門の人じゃなくて、良かった。

 で、そのカトーって人は、11日から公開の「サブイボマスク」って映画に主役で出てるらしい。サッカーのナガトモのアモーレことタイラアイリとやらも出るんで、話題になるぞ、きっと。

 お隣のオーイタ県の中津市と杵築市でロケされたらしいんで、この騒動、地元の人は喜んでんのか嘆いてんのか、どっちだ?

 ニャンと、きょうはサブイボマスクの恰好をして、オリックス対中日戦で始球式するってよ。顔が隠れてるだけマシにゃのか。当日券も売れてるかもよ。そういやあ、あのマー君も、なんとかベイビーズのプロモーションビデオに出てたニャア。

 人間どもの愚行をよそに、思索にふけるおれ。われながら、深みのある表情だ。

 そんな静かに過ごすおれに、飼い主がちょっかいをかけてきた。ついつい、反応してしまうニャ。

 これは、眠ってるように見えるかもしれんが、そうではニャイ。瞑想だ。集中してるのだ。

 何を考えているのかというと、ファンキーなんちゃらいう人の子どもたちの相続問題だ。あんまり稼いで財産作り過ぎると、いつかもめるぞ。

 おれは、なにも持たないから、そげな心配は何もニャイ。うらやましいやつは、おれみたいに自由に生きてみニャ。

※情報は2016.6.7時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ