ハッピーなデンマーク映画「愛さえあれば」

はじめまして♪ 銀幕ヨーコです。

60年代から数十年間、銀幕ファンであるわたしのお薦めの映画をこれからちょっとずつ紹介していきます。

主にヨーロッパ映画が中心です。(ハリウッドも色々みたけど、結局ヨーロッパ映画に戻ってきました)

 

最初にお勧めする映画は、デンマークの女性監督の作品『愛さえあれば』 (2013年上映)

 

愛妻の死を乗り越えられず、仕事に一筋に生きる男と

がん治療を克服したと思いきや、夫の浮気が発覚した不幸続きの女の話。

 

この二人の状況を聞くと、重いテーマに思うかもしれないけど、決して深刻ぶらず、ユーモラスに描かれているところがグー!(←古い?)

お互いの子どもの結婚式に向かう駐車場で事故(!?)って二人が出会う、というラブストーリー。

 

あやうい結婚直前の若いカップルと、その親たちの揺れ動く心の葛藤が、

イタリアの青い空と紺碧の海を背景にユーモラスに展開します。

 

主演のデンマークの女優、トリーヌ・ディルホムがとても魅力的!

この女優さんを知っただけでもこの映画を観る価値あり!ですよ。

この女優さんが気に入った人には、「未来を生きる君たちへ」もおすすめ!同じ人とは分からない位、演技力があります。

お相手は『007』シリーズのピアース・ブロスナン

 

ラブストーリーだけど、甘すぎず、軽すぎず、ユーモラス。そして地中海の景色がとても素敵!

見終わって、人を愛するっていいなーー!とハッピーな気分になれる映画です♪

 

愛に飢えている人は必見です☆☆☆

 

See you next!

 

☆☆ 今月上映のおすすめ映画 ☆☆

懐かしの名画シアター 銀幕の女神たちの饗宴Ⅱ

オードリー・ヘプバーン VS エリザベス・テイラー

オードリーヘプバーン VS エリザベステイラー

オードリーヘプバーン VS エリザベステイラー

往年の名女優が主演した映画を2日間にわたって上映。
4月24日(木) 10:20〜 「ローマの休日」、12:50〜「雨の朝巴里に死す」
4月25日(金) 10:20〜 「シャレード」、12:50〜「若草物語」

場所:西南コミュニティセンターホール(早良区西新)

¥1,000(前売り800)、3作品回数券 1,500円(グループで使用可、前売りのみ)

http://www.ffac.or.jp/artlier/2014/04/vs.html
問い合わせ:シネマ・アルチ
TEL:092-712-5297

【銀幕ヨーコは毎月第3木曜日にお届けします】

※情報は2014.4.17時点のものです

銀幕ヨーコ

趣味は映画、美術、音楽鑑賞、旅行、読書、さらには空手。

映画は邦画、洋画、ジャンルを問わずなんでんかんでん観ていた時代を経て(オカルト系は苦手)、やっぱりヨーロッパ映画が一番好き。でも韓国映画もいい、中国、台湾、いやインド、イラン映画も捨てがたいな。そうやって私の好きな作品を選別していくと、実は世界の名監督たちが日本の小津安二郎監督作品に強く影響されているという共通点があったんです。これから小津作品に影響力受けた各国の名画をおいおいご紹介したいと思います。

よろしく!

関連タグ

この記事もおすすめ