大分・中津が誇る伝統の「弓場染物店」で染物体験

大分県中津市にある「伝統の染物 弓場染物店」へ行ってきました!こちらのお店は、「印入(しるしいれ)染物」という分野の染物を100年余り続けている老舗です。染物の販売はもちろん、作業場の見学もできるということで、見学&プチ体験をさせていただきました!

弓場染物店では、日の丸や校旗、応援旗、暖簾、法被、手ぬぐいなど多種多様な染物を取り扱っています。普段は、糊づくりから手作業で行い、デザイン、下絵、糊置き、染め。仕立てまでを行うそうですが、今回は、布に糠と糊を混ぜたものを型抜きを使って塗りいれる染の作業と藍の浸け染め体験に取り組ませていただきました。

型紙に模様(型)を置くのですが、どのようなバランスで型置きするかはセンスが問われるところです。

 

模様

ずれないようにそーっと置きます。

なんか楽しい!

どんな模様になるかドキドキです!

模様を入れるだけでなく、「字も書いていいよ」と言われ、さっそく挑戦!

「猛女」の「猛」と書こうとして…

「猛女」の「猛」と書こうとして…

なんか違う…!まさかの字の間違いに気が付き、あわてて修正…

ちゃんとごまかせるか…

ちゃんとごまかせるか…

 

ちょっといびつですが何とか「猛」の字に近づけました。

ちょっといびつですが何とか「猛」の字に近づけました。

その後、藍染めへ。藍の香り…いや、ニオイにちょっと驚きながら、エプロンをして1分間、浸け込みます。

藍色に染まった布を干し、乾いたころに再び作業場へ戻ってみると…

できてた!

できてた!

 

じゃーん!!

ジャーン!!

すっかり楽しんだ後は、お店に戻ってお買い物。オシャレな手ぬぐいもあったのですが、「前掛け」を購入しました!

伝統の染物の体験ができ、買い物も楽しめた満足なひととき。中津駅から歩いて行ける距離ですので、ぜひ皆さんも中津へ行かれた時は立ち寄ってみてください。

弓場染物店公式HP:http://www.dyer-yuba.com/index.html

※情報は2016.6.9時点のものです

弓場染物店

住所大分県中津市殿町2-1389-3
TEL0979-22-1660
FAX0979-53-7743
URLhttp://www.dyer-yuba.com/index.html

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ