城下町には和傘が似合う!中津の和傘工房「朱夏」

城下町には和傘が似合う!…ということで、やってきました中津城!

大分県中津市にある中津城は、1587年(天正15年)、福岡藩祖としても知られる黒田官兵衛(如水)が築城。その後、細川―小笠原―奥平と変遷し、明治を迎えますが、奥平昌也が10万石の領主として入城する1717年(享保2年)ごろから藩財政が厳しくなり、特産品を奨励するなどの政策が始まったそうです。そこで、誕生したのが「中津和傘」。1812年(文化9年)ごろから製造が始まり、最盛期の昭和初めには約70軒もの和傘屋があったそうですが、洋傘の普及とともに和傘屋は減り続け、九州で唯一となった中津の和傘屋も数年前に途絶えてしまったそうです。

中津市の和傘工房「朱夏」は、「城下町中津のシンボルとしての和傘工芸の伝統を復活しよう」と、有志8人で復活させた和傘店。店内には、粋な蛇の目傘や番傘、柔らかな灯りの和風あんどんがずらりと並んでいました。

この風景、どこかで見たような…

そうです!NTT西日本のCMの舞台になったお店です!

https://www.ntt-west.co.jp/ad/company/wagasa_cm.html

CMの中だけではない、本当のドラマが胸を打つ「和傘工房 朱夏」で、和風あんどんづくりに挑戦しました!

かなりの集中力を要しますが、夢中になるほどの楽しさです!

かなりの集中力を要しますが、夢中になるほどの楽しさでした!

こちらのお店では、デザイン和傘や特注和傘、祭り傘など、オリジナル和傘も多数取り扱っているそうです。

こんな和傘まで!

こんな和傘まで!

文字を書くこともできるので、結婚や還暦などのお祝いに傘を注文される人もいるそうです。

自分用にも、贈り物用にも、欲しい和傘がきっと見つかると思います。ぜひ皆さんもお楽しみください!

※情報は2016.6.9時点のものです

和傘工房 朱夏

住所大分県中津市鷹匠町901-1
TEL0979-23-1820
FAX0979-23-1820
URLhttp://www1.bbiq.jp/syuka/index.html

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ