桐生、夢の9秒台ニャるか【サ日記】~福岡にご縁のサニブラウンもがんばれ!の巻~

 おれは、オスの飼い猫だが、ブログも書く。

 きのう、陸上100mのキリュウ選手が、追い風1.8メートルながら、10秒01を出したんだってニャ。これで、リオ五輪出場も確実だニャ。せっかくだから、今年じゅうに日本人初の9秒台を出して欲しいニャア。去年の3月には、3.3メートルの追い風参考記録ながら、9.87秒出したらしいから、まだまだイケルニャン。期待しとるぞ。

 しかし、おれに名前が似てるサニブラウンにもがんばって欲しいぞ。おかあさんは、福岡県のムナカタ高校出身の陸上選手で、本人も福岡生まれらしいしニャ。おとうさんの出身地であるガーナには、以前「ニャホヒャホタマクロー」という他人とは思えぬサッカー協会の会長さんもいたそうだし、何かと縁がある。まだ高校生だから、これからドンドン伸びるかもしれんニャ。

 足が速いといえば、おれたち猫族も負けんぞ。最も速いチーターで時速110km。王者ライオンも58km。トラさんもライオンとほぼ互角だ。そのトラが福岡市動物園の道すがら、案内用のマンホールに描かれている。立派な表情だ。同じネコ科の仲間の活躍は、おれも励みになる。

 地下鉄ニャニャクマ線の福岡大学駅のエスカレーターのところには、こげなユカイな絵も描いてあるらしいぞ。猫とは相いれないイヌ(パグか?)でがあるが、ほほえましい。ザリガニにやられてるところがオカシイニャ。歩きスマホは、たしかに自分もひったくりに遭ったりしてアブナイし、他に人にぶつかったりするから、やらないように気をつけニャ。

 話変わって。。。

 最近急に暑くなってきたニャ。おれたち猫は、寒いよりは暑い方が得意だが、それでもじめじめした梅雨の暑さはイヤだ。夕方になると、庭の岩が少しヒンヤリしてくるんで、こうやってその上で過ごすことも多い。

 気持ちがいいニャン。君たち人間も来たらどうニャ。

 で、夜になると、こうやって「サ日記」執筆用のパソコンの上に乗っかる。「キーボードに毛が詰まって故障する」と飼い主から注意された。

 うるさいニャア。こうやって、ふたを閉じればいいんじゃろ。

 そげん、おれの毛が気にニャルなら、もっとちゃんとお掃除せんかい!

 じゃあ、部屋のそうじはまかせるぞ。雨が降ったりやんだりだが、今は小降りなので、ちょいとおれは出かけるぞ。

 みんなも、お出かけの時には、カサをお忘れなくニャ。

※情報は2016.6.12時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ