【UMKカントリークラブ】トーナメントの熱戦を想像しながら ☆ゴルフでつなぐHAPPY

宮崎シリーズ第2弾♪

3月28日から「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」が開催される

UMKカントリークラブ】に行ってきました!!

いよいよ3月から、今年の日本女子プロトーナメントの幕開けです☆

去年の年末に、初めて行ったトーナメント観戦、楽しかったな~。

クラブハウス内には、アクサブースがあり、

「優勝トロフィー」や「参加プロ全員のサインボールと記念ボール」が展示されていて、

「モニター」では試合の様子がずっと放映されていました!

クラブハウスに入った瞬間、トーナメントコースに来たんだ~って気分にさせてくれます♪

雰囲気って、やっぱり重要ですよね!

宮崎市は、UMKカントリークラブ・フェニックスカントリークラブ・宮崎カントリークラブと

市内にトーナメントコースが3つもあります。

これは、全国で宮崎市が唯一☆

 

UMKカントリークラブは、日向灘が一望でき、トーナメント前ということもあり、

フェアウェイやグリーンの状態がとてもよかったのが印象的でした。

フェアウェイは、全体的にフラットでした!

が・・・・

今年で、2回目の開催となるUMKカントリークラブでのトーナメント。

今年は、5個もバンカーを新設し、さらに戦略性の高いコースにしたのだとか。

バンカー増設の、8番・9番・12番・13番・17番は要注意です!

そして、特に印象的だったのが「14番」

ティーグラウンドから、210Y地点くらいから、FWが急に狭くなっててびっくりしました!

セカンド地点にくると…

フェアウェイの細い線がうっすら見える状態で、どこに打とうか迷います・・。

グリーンから見るとこんな感じでフェアウェイが狭く、フェアウェイキープは至難の業です。

こんなに狭いフェアウェイは初めてでした!

18番には、既にトーナメントの来賓席の設営もされてましたよ。

グリーンから池に向かう傾斜・・最後の最後まで、気が抜けなかったです!(>_<)

フェアウェイは、全体的に広くフラットでしたが、落とし所を考えさせられる特徴的なホールもあり、

とても楽しいコースでした(*^_^*)

 

レストランは、地元宮崎の食材を使った料理がたくさんありましたよ~!

一番のお勧めは、「石焼地鶏」

その場で、石焼で焼いて食べるんです。

この地鶏が、凄く柔らかくて絶品でした!

妻地鶏の肉の柔らかい雌だけを使用しているそうです。

「チキン南蛮」もすごく美味しくて、その他のメニューもどれも美味しくてびっくり!

聞くと、支配人が元レストランの料理長だとか・・・料理へのこだわりと美味しさに納得しました(*^_^*)

既に売り切れていた人気No.1の「ホルモン味噌焼きうどん」も食べたかったな~。

 

練習場は、クラブハウスに隣接していて、250ヤード・17打席と広々です。

女性のロッカールームも清潔感があって、ドレッサーもありました。

トーナメントコースを回り終えて、

実際に回ったコースを、自分が苦戦したホールを、女子プロの方々は、どう攻めるのか・・・

そんな視点でトーナメント観戦できるのもトーナメントコースをラウンドする楽しみですね!

今から、3月のアクサレディスゴルフトーナメントがとても楽しみです☆

 

だいぶ暖かくなり、いよいよゴルフシーズン到来!

ゴルフがつなぐ縁を大切に、これからもゴルフでたくさんの縁がつながりますように♪

 【隔週火曜日更新(次回は3月18日更新予定です)】

※情報は2014.3.4時点のものです

江村 由美

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
1979年生まれ 福岡県出身 剣道4段
福岡の文化や食や人が大好きです!
趣味は、ゴルフと料理&お菓子作り。最近は、料理教室にはまってます。
社会人まで剣道を続け、転職と同時に、ゴルフを始めました。
ゴルフ歴3年ちょっと、ただ今猛練習中です!

関連タグ

この記事もおすすめ