七転び八起き申し上げます。vol.4 【水引くまモン達磨】

前回のコラムから2ヶ月半が経ちました。

その間に熊本地震が発生しました。

正直、簡単に地震のことや安易に頑張れだなんて書けませんでした。

 

地震直後、福岡市では高島市長の呼び掛けで救援物資の収集があり福岡市にある大名小学校に物資を運び入れる車の長蛇の列、両手いっぱいのビニール袋を持つ老若男女、皆、持ってこられるだけ各々の気持ちがそこにありました。私も自分の出来ることからと福岡市やコミュニティごとに呼び掛けられる救援物資の情報を見ては持ち込んでいたのが2か月前。

 

それから少しずつ状況が変わり現地へ赴く友人知人も出てき始めました。

実際に行動に起こしている人を見ながら自分の無力さに少しばかり引け目を感じつつ、それでもやはり何か!と行動に起こせていない時間が過ぎて行きました。

 

そして、震災よりちょうど2か月経った6月14日。

震災前からお仕事をご一緒させていただいていた熊本のお客さまとお電話で色々とお話ししました。震災直後のこと、避難所のこと、現在の暮らし、仮設住宅のこと…。

そして、今回被災して初めて考えたと言うこと、これまでのお仕事の内容のままではいられなくなったこともお聴きしながら、「ようやく私にも出来ることがあるかもしれません!」と。

 

水引くまモン達磨、七転び八起き申し上げます。

それまでも一緒にブレストしながら「きっとこういうこと?」「もっとこんな雰囲気では?」「ネーミングは?」などと、イメージを共有しながら膨らませたりアイディアを出したり、そんなお仕事をさせていただいていました。まだ形になっていない何かを一緒に探すこと。

 

そして、今回の地震で大きな被害があった大分県にもお仕事をさせていただいているお客さまがいらっしゃいます。私のお手伝いできることは小さなことですが、そこから繋がっていく沢山のお客さまを想って丁寧に仕上げていくことが、今できる一番の支援かもしれないとようやく思えた6月14日となりました。

 

被災された方々の中には、きっと悲しさをバネに新しい視点で動き始めています。お客さまの気持ちや未来を共有して、少し先を一緒に見つめながら自分にできることを提供していけたらと思います。
水引には「叶結び(かのうむすび)」という結びがあります。

皆さまの願いと、達磨の持つ粘り強さとあきらめないことの大切さをくまモン達磨に託して。

 

想いが叶っていきますように。

※情報は2016.6.15時点のものです

長浦ちえ

水引デザイナー。水引と紙、伝統と現代、ヒトとヒト…そんなモノやコトを結びつける視点でモノ作りに携わる。水引を中心としたプロダクトや広告など、企画・開発・デザインなど幅広く手がける。  著書に『手軽につくれる水引アレンジBOOK』(エクスナレッジ刊)

http://www.tiers.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ