春を告げるシロウオ 室見川沿い『三四郎』で踊り食い!

ひな祭りも過ぎ、いよいよ本格的な春の訪れです!

福岡の春のごちそうといえば「白魚料理」!

…ということで、春を告げる白魚の料理を室見川沿いの「三四郎」に食べに行きました!

椎名林檎さんの「正しい街」の歌詞にも出てくる室見川。眺めが素晴らしくいいです!

さて、白魚の踊り食い。

生きたまま出てきます。なんだか食べるのが申し訳なく、少し怖い気がします。

チョロチョロ動く白魚をすくって、酢醤油をかけて口の中にすすりこむのですが、やっぱりためらってしまいます…。でも、徐々に動きが鈍くなる白魚を食べるのもまた嫌な気がするので、勇気を振り絞ってエィッ!


※一部の端末では再生できない場合があります。ゴメンナサイ。

スリル満点!噛まずに飲み込むのがポイントです。

他にも、

カラッと揚がった天ぷらや、

ツクシも入った卵とじ

そして、白魚のつくだ煮がのった白魚めし。

シロウオ

シロウオ

 

室見川を眺めながら、春を感じるひとときでした。

白魚については、多くの歌人・文化人が昔から白魚に寄せた歌を詠んでいます。

「白魚や 石にさはらば 消えぬべし」(芭蕉)

「すくひあげて 白魚崩れん ばかりなり」(漱石)

福岡に春を告げるごちそう「白魚料理」。

ぜひ皆さんも春の味覚を堪能してくださいね♪

 

※情報は2014.3.4時点のものです

白魚料理 三四郎

住所福岡市西区愛宕3丁目1-6
TEL092-881-3001
URLhttp://www.toriichi.jp/

この記事もおすすめ