難聴の息子 私は“かわいそうな子”を生んだの?vol.14

夫のりひさへ

前回のあなたからの日記は、ハンカチでは追いつかないほど泣きました。出産当時を思い出したのもあるけど、嬉し泣きです。

※前回の夫の日記⇒「難聴の息子と親子3人 笑い絶えない家族に」

あなたは、私たち家族に、笑顔を導いてくれる大きな存在だなと今も変わらず感じています。優しくて頼もしい夫であり、とても面白いパパですよ。

それに比べて、妻であり、母である私は…産後から大荒れで、あなたに心配をかけたり、迷惑をかけたりばかりでしたね。この6年間で、もうこんな妻は嫌だ!と逃げ出したくなったことはなかったですか?(恐る恐る聞いております。笑)

産後の私は、あなたがそばにいてくれたおかげでスタート地点に立てたのですが、なかなか進まない大渋滞にはまっていました。

生後2ヶ月の時に、大学病院ではっきりと『先天性重度難聴』とわかり、最初は補聴器をつけることになった息子。

母として、親として私は何をしたらいいのか?どう頑張ったらいいのか?考えなくてはいけないことはたくさんあるのに、考えることからは逃げたくなる毎日。

母の私が、体力もない、気持ちもついていかない、”障がい” “難聴” を受け入れるというよりは、自分自身の心と身体のバランスが、ぐちゃぐちゃだったのかもしれません。

補聴器を付け始めた頃は、何度も何度も補聴器を外して食べる!投げる!まだ産まれて3ヶ月の息子。そりゃそうだ、何もわからないまま補聴器をつけてるから仕方がなかったよね。10分おきくらいに耳をチラチラ見ては、外れてる補聴器を付け直し、また外され、付け直し。私はどっぷり疲れていました。『もう疲れた』が口癖のようになっていたように思います。

外出したときは、息子が補聴器をつけていることで、声をかけられることが多く、

『耳が聞こえないの?かわいそうに…』

『まぁ、こんなに小さい頃から補聴器をつけてかわいそうに…』

何度となく言われる、”かわいそう”という言葉が、私にはグサッ、グサッ、と痛いほど突き刺さっていました。

私たちは、息子が生まれてきてくれてとても嬉しい気持ちなのに、なんでこんなにも”かわいそう、かわいそう”って言われるのかな?生まれつき耳が聞こえないことは、そんなにかわいそうなことなのかな?なんで?

こんなにもかわいそうと言われる子を私は産んだってことだよね?この子は一生の中で、何回かわいそうと言われるのかな?

私の頭の中はずっとずっとパンク状態。

声をかけられるたびに、泣きそうになることを堪えることも多かったんです。

そんな生活が続く時に、電車で出会った女性から、電話番号をその場で書いたメモを渡されました。

『私の友人が、手話を教えているの。何かあったら私に電話してね。困ったことがあればいつでもいいからね。』

その出来事をあなたに伝えると、

『なんかさ、たけがお耳(補聴器)をつけとうけん、色んな人に話しかけてもらえるね!』

私はハッとしました。

電車や街でかわいそうと言われる息子と私。声をかけてくださる方は、私に対して、

『お母さんも頑張ってるのよね!頑張ってね!』

いつもそんな優しい言葉もたくさんかけてもらえていたのに、”かわいそう”ばかりが頭に残っていた私。その事に気づかせてくれた、あなたの言葉。

そうだ!息子が耳に器械をつけていることで、1日誰とも話すことのなかった産後の私は、たくさんの人に声をかけてもらい、色んな話をしていたんだ、と気づかされました。

電車で隣に座った方、いつも行くスーパーのレジの店員さん、近所の雑貨SHOPのお姉さん、百貨店のキッズスペースで毎週お会いしてたおばあちゃん。

名前も知らない、たくさんの方と顔見知りになり、声をかけてもらえていました。泣きそうになりながらも、ほんの少し会話をするだけで、あまり笑顔になれなかった私が、声をかけてくださる方との別れ際には、いつも笑顔で挨拶することができていました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ