新猫あらわる【サ日記】~ケンブリッジ飛鳥がいるならオックスフォードチャゲがいたって の巻~

 ブログを書くオスの飼い猫・サニです。

 最近来る猫が少ないと書いてたら、さっそく新顔がやってきた。モフモフした真っ黒い猫。おとといの夜中にニャアニャア鳴くので、飼い主がエサをやってたら、おれみたいに慣れていて部屋にまで入ってきたらしい。おれが居るのに、あつかましいヤツだ。

 

 

 最初はこうだが、

 チャッカリ入ってる。。おれみたいだ

 宅急便屋さんのTVCMに出てる黒猫に似てるニャア。あいつを「ヤマト」と呼んでやろうかニャ。

 話かわって・・・。

 おとといの陸上選手権100メートルで、ケンブリッジ飛鳥選手が、山縣選手と桐生選手を押さえ、リオ五輪出場権をとったニャ。けっこう雨の強い中、いい勝負だったみたいだが。既に出場の決まっていた桐生も、二人に負けたことで、悔しくて泣いてたそうニャ。

 おれと名前の似ているサニブラウンは、けがでしばらく難しそうだが、まだ17歳で若いから、がんばってほしいニャ。

 しかし、「ケンブリッジ飛鳥」って、どっちが名字でどっちが名前なのかわかりにくい。女子プロレスの「ライオネス飛鳥」もしかりだ。いろいろあって身を潜めてる歌手は、「飛鳥」が名字で、「涼」が名前だニャ。相棒の名前を取った「オックスフォードチャゲ」という陸上選手が出てきたら、オックスフォードが名字ということになるのかニャ?

 かなり脱線した。

 先日、たぬきみたいな「ハクビシン」じゃないかと言われる動物が家のまわりに出没してる話を書いたが、近所の人が写真を送ってきたぞ。目がクリクリして可愛いニャ。こいつは、いったん何者だ?

 たぬきみたいなやつはいいが、今朝も早くから近所の猫どもが大声を上げてケンカしてやがる。気になるから、身に行かなきゃ。

 おれの目の黒いうちは、この家の飼い主の座は譲らんからニャ。もっとも、黒いのは一部分で、ほとんど黄緑だけど。

 午後からは、また大雨の予報だ。外出する人はかさを忘れるニャよ。

 

※情報は2016.6.27時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ