ゲテモノ?ヘルシー?モザンビーク・ペンバの変わった食べ物

どの国に行っても、その国の一般的な家庭料理が気になるもの。

緑豊かなアジアの食事はバラエティ豊かだけど、欧州では質素な食卓もあったり。

わが町、モザンビーク共和国の北部、ペンバ市のスラムの食卓はというと、ほぼ毎日、豆を煮ただけ。それをごはんかシーマ(トウモロコシの粉末を練ったもの)にかけていただきます。あとはたまに魚を一口大にカットして素揚げし煮たものや、鶏をこれまた一口大にカットして煮たもの。日本のように一つのメニュに沢山の食材を使うことは少なく、せいぜい入れてタマネギとトマトです。一口大にカットすることで、大家族みんなに1,2切れの魚や鶏が行き渡るようにしています。

豆を煮たフェジョンと、シーマ

豆を煮たフェジョンと、シーマ

さてさて、本題の変わった食べ物。上述した豆料理はどの地域でも食べられますが、地域や部族、宗教によって食べ物が違うことがあり、ここからはモザンビーク北部のマコンデ族の食卓をご紹介します。

まず、これ。アフリカマイマイ。

アフリカマイマイは世界最大のカタツムリですが、私は食べない!アフリカマイマイには脳炎を引き起こす寄生虫がおり、この寄生虫はマイマイが這った跡のネバネバにもいるのです…。現地では草原にいるアフリカマイマイを素手で取ってきて町に売りに来ています。もちろん料理も素手。いつも大丈夫なんだろか?と心配。アフリカマイマイにいる寄生虫のことを料理しているママ連中に説明しても、戻ってくる言葉は「大丈夫、大丈夫」なんですよね。

調理されたアフリカマイマイのお姿は、これ。ちょっとグロテスクです。

そしてお次にマコンデ族が好んで食べるのは、野ねずみ!これも私は食べません。

この写真は野ネズミを行商している農村の少年ですが、私の住むペンバのスラムでは、野ネズミの毛を焼いて丸い形に縛ったものを売りに来ます。鶏と同じように一口大に切り煮込み料理にしますが、残念ながら野ネズミ料理の写真は無し。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ