デスクワークの方も! 肩こりは生活習慣の見直しで改善する!?

働く女性の悩み、肩こり

 デスクワークや同じ姿勢を長時間とる仕事をしている多くの方が、この肩こりに悩まされています。肩こりとは、肩周りにある筋肉に感じる痛み、圧迫感、違和感などのこと。今回は、肩こりの主な原因とその解消法についてみていきたいと思います。

肩こりの原因

 肩こりは、主に筋肉への疲労蓄積や筋肉の血行不良が原因です。肩こりの原因となる生活習慣には、次のようなものがあります。

●デスクワークや車の運転など、同じ姿勢をとり続けることが多い
●普段の姿勢が悪い
●長時間のパソコンやスマートフォンの操作による目の酷使
●寒いところで長時間過ごすことが多い
●運動不足
●ストレスを抱えた生活

 

 症状が軽いうちは筋肉をほぐしてあげればある程度改善します。しかし、原因が取り除かれない状態が続いていると、慢性的な肩こりに悩まされることになります。

肩こり予防は、生活習慣の見直し・・・

肩こり予防のポイントは生活習慣の中にあります。
 例えば、普段の姿勢が猫背になりがちな方は、左右の肩甲骨を背中の中心に寄せるように動かしてみましょう。そうすると自然と肩が開いた正しい姿勢になります。首や肩周りを冷やさないように衣服を調整することも大切です。また、仕事中は1時間に1回は背伸びや肩回しをしたり、パソコンユーザーは画面から目を離して休息をとるようにしましょう。デスクワークの場合、机の高さが自分に合っていないと肩が常に上がった状態になり、肩がこってしまいます。理想の机の高さは、腕を置いたときにひじの角度が90~100度くらいに曲がるもの。椅子の高さを調整するなどして、首や肩に負担のかからない作業環境を作りましょう。こうした工夫の中で、筋肉を定期的にほぐしたり、筋肉の緊張が持続しないようにすれば、肩こりはある程度予防できます。

肩こりの解消法をご紹介

●肩こり解消体操をする

1.フェイスタオルを用意し、両端をもって体の前でスタンバイ
2.両手を頭の上にあげ、そのまま背中側に回す
3.背中までいったらまた頭の上を通って体の前に戻す
前項でご紹介した猫背を改善する動作も、もちろん肩こりの解消に効果的です。

●湯船につかる習慣をつける

 入浴は短時間でも湯船につかるようにしましょう。からだが温まって筋肉の血流が改善するほか、筋肉の緊張をほぐすリラックス効果も期待できます。
 このほかに、市販の痛み止めや湿布を使う方法もあります。ただ、痛みが強かったりなかなか改善しない肩こりには、別の病気が隠れている場合もあります。そんな時は医師に相談するようにしましょう。

 

■関連記事

vol.1-カラダを冷やす・温める食材の持つ力がスゴイ!和漢食のすすめ
https://aih-net.com/pikarada/column/20151204_1.html

vol.2-カラダを冷やす・温める食材の持つ力がスゴイ!和漢食のすすめ
https://aih-net.com/pikarada/column/20151204_1_2.html

オフィスの現代病ドライアイ、正しくケアして瞳を守ろう!
https://aih-net.com/pikarada/column/20160129.html

ピカラダ/受けようケンシン
http://aih-net.com/pikarada/healthcheck/

※情報は2016.6.30時点のものです

ピカラダ by飯塚病院

輝く女性を医学的な観点から応援します!

ピカラダWEBサイトへ

関連タグ

この記事もおすすめ