天神地下街のトイレ徹底解剖!新・西12番街トイレのテーマは『家族の絆』

皆様、こんにちは。

天神地下街 西12番街のトイレの改装が完了し、

いよいよ7月1日(金)10時よりご利用いただけるようになりました。

 天神地下街のトイレは、2015年10月を皮切りに、東10番街「王妃の別荘」、東2番街「イギリスの小説家の書斎」、西6番街「高級ブティック」とそれぞれ異なるテーマで順次リニューアルを行い、こだわりの内装や香り、調光、バリアフリー対応でよりご使用しやすいトイレになりました。

そして2016年7月1日(金)、いよいよ最後となる西12番街の「男女トイレ」に加えて、「多目的トイレ」、「授乳室」のリニューアルが完了、ご利用いただけるようになります。

そこで、トイレのリニューアルにメインで携わった施設担当のMさんに、いろいろなこだわりを聞いてきましたのでご紹介します。

今回のトイレは…ジャーン!

白と青、そして木のぬくもりを感じるブラウンが基調としたトイレに生まれ変わりました。

この色使いは、エーゲ海に浮かぶ島の町並みをイメージしたもの。

そしてテーマは、『家族の絆』!!!

このトイレや授乳室は、老若男女、国籍等問わず、いろんな方に優しい工夫が随所にあるんです。

詳しくご説明いたしますね。

入り口の左側のプレートには点字も添えて、中のレイアウトがわかりやすく記載されています。

入り口入ってすぐに数か所、ベンチがあるのが印象的です。

そして「女性トイレ」の入り口には、なんと飲み物の自動販売機があります。

ちょっとした休憩にも使用できるスペースとなったんですよ。

コカコーラの自販機なのに赤ではなくブラウンなのも、この内装イメージにあわせての特別対応。こだわりが感じられます。

さて、「女性トイレ」の中へ。

水回りの手すり、メイク直しなどに便利な大きな鏡、その下には荷物をおけるくぼみ、カウンターの角は傘をおいたときに落ちないような突起…

随所に女性に優しい配慮が見られます。

各個室にはエーゲ海の暮らしを思わせるような小物のディスプレイ。

扉のイエローもナチュラルでかわいい印象です。

こんなにかわいいキッズトイレも!

これならお子様もトイレを楽しんでくれそう(*^_^*)

奥に2つ並んだ大き目の個室には、ベビーチェアやベビーベット、着替えなどに便利なフィッティングボードがずらり。

ハンズフリーで手を汚さずに衛生的な手洗い場で快適!

そして、

ほんのり香る柑橘系のアロマが爽やかな気分にしてくれます。

続いて「女性トイレ」を出て、正面入り口からみて中央左奥の「授乳室」へ。

【関連記事】

・図書館?本屋さん?…いえ!トイレなんです。

・【福岡県民のホンネ】福岡のソウルフードといえば?

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ