【Hiromi Abe】女性に活躍の場を あっと言わせる会社設立します

1年くらい前から仕事をお願いしていたTさんが引っ越しのあいさつにやって来ました。そのときに思わぬ感謝の言葉をもらい、感動で胸が震えました。

一流企業のOLだったTさんは、専業主婦を夢見て退職し夫の転勤で福岡にやって来ました。が、全く縁のない土地で暮らすストレスと孤独な育児に、専業主婦の夢はついえ夫婦関係さえ危うくなっていたそうです。そこに私の仕事の話が舞い込みました。仕事は大変というイメージしかなかったTさんは少し悩みましたが、思い切って受けてくれました。

依頼した仕事は1人で県外出張することも多いものでしたが、それが1人になれる時間でもあり、自分を見つめ直すチャンスでもあったようです。しかもある程度自己裁量権を持たされる仕事はやりがいもあり「初めて仕事が楽しいと思いました」と笑顔で話してくれました。「何よりも仕事で自分のお金が持て、そうすると心に余裕ができて子どもにも優しくでき、夫婦仲も戻ってきました」

女性が活躍できる場をつくることが私のミッションだと思っています。仕事で出会った主婦から「久しぶりに自分の名前で呼ばれた」など寂しい発言を聞くことのない世の中にしたいです。

女性の力を企業や社会に還元するというニーズは今後さらに高まると感じています。そこで4月に会社を設立することにしました。社名は「at(あっと)」。「場」を意味するatであり、これまでにない女性の感性で「あっ!」と言わせる矢を放っていくつもりです。

from西日本新聞「わたし活性化計画」面

※情報は2014.3.15時点のものです

阿部 博美

主婦のアイデアや視点、経験を企業戦略につなげる「主婦力プロデューサー」。人材派遣業でさまざまな業界、企業の内情を垣間見た経験を生かし、キャリアコンサルタントとしても活躍中。NPO法人「ママワーク研究所」副理事長。

阿部博美さんのブログ:http://profile.ameba.jp/officepaz/

この記事もおすすめ