夏はロウリュからの超低温水【サ日記】~ウェルビー福岡がキテる の巻~

 暑いあついアツイ サニだ。もうかんべんしてくれ。あしたあさっては、人間どもに合わせてブログを休むぞ。おれニャリの夏休みだ。「サ日記」をたのしみにしてくれてる諸君にはすまニャイが。たまには充電しニャイと、文章の質も下がるかも。まあ、今日はチョイと長々書くし、写真もいろいろ入れるんで許してくれ。

 おかげさまで、26日は51ポチッ、27日は52ポチッ、と二日連続でみなさまからの「ポチッ♡」が目標にしてた50を上回ったぞ。ありがとうございましたニャ。これからもがんばるからニャ。

  いつものようにダラケまくるおれ。少し足をはみ出させるのが、ナウぃ~(田中美奈子風)。ちょっとだけ涼しい気がする。おれが、水風呂とかに平気で入れればニャア。この夏、飼い主とチャレンジしてみるか。WE CAN SHANGE!相当古いニャ。

 おとといの深夜、禁断の外出から帰宅して、「怒り新党」を見ていたら、「新3大ロウリュ」とかいって、「サウナの帝王」と称する太田さんという人が登場した。

 ニャンとなく、「あのサウナが出るんじゃニャイか」と予測してたら、やっぱ出た!福岡市の「ウェルビー福岡」だ。

 知らん人はまったくわからんだろうが、「ロウリュ」とは、本場フィンランド発祥の技で、熱した石に水をかけ、その蒸気でさらに熱さを体感し、快感を得るという、サウナ好きにはこたえられん手法らしい。水嫌いのおれには縁の無い世界だが、とんねるずの番組の「こまかすぎて伝わらニャイものまね」で華丸が、「ウェルビー福岡でロウリュをしてくれる人」という似てるかどうか判定のしようのないものまねをしたことで、初めて知った。

 ようわからんが、ミーハーな飼い主はその番組があって、ソッコーウェルビーにかけつけたらしい。今回の映像では、その時よりもずいぶん、設備も良くなってたらしいぞ。

 華丸もちゃんと常連としてやってくるようで、ロウリュの達人たちと並んで写真に写ってる。博多愛ハンパねえニャ。

 で、そのロウリュを味わった後、ニャンと5度の冷水に浸かるのがウェルビー流らしい。よく知らんが、自称サウナの鬼の飼い主によると、フツー低温でも15度くらいだそうだ。

 体験したディレクターさんがギャアギャア言ってた。

 オドロイタのは、その後だ。コーフンして目がさえたおれは、今度は地元局RKBのTEEN TEEN という番組を見てたら、今度はピースの二人が、「福岡のサウナの聖地」といって、同じウェルビーを紹介、今度は冷水に絞ってレポートしてた。

 体験者があわてて逃げ出す図もさっきと同じ。しかし、ほぼ同じ時間帯に2回もウェルビーが出るニャンて偶然もすごいぞ。

 そうそう、先日いただいた猫のおやつは順繰りに食べてるぞ。なに食ってもうまいわ。

 しばらく毎日うれしいニャア。

 こいつは、長野にお住まいの花まぐろ当選猫、シャビさんだ。良かったニャア。

 毎回うまそうに完食らしいニャン。

 来週も、食レポするからニャ。他の猫さんからの写真も待ってるニャア。

 

※情報は2016.7.29時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ