現役女子大生が流行を追う!『ポケモンGO』『スノーカメラ』

ご無沙汰です。よしむらです

やっと、夏休みやーー!今日前期テスト終わりたてホヤホヤでございます。

7月末の大学生は、いちばん忙しいのではないでしょうか。レポートにテストに追われる日々で、わたしの大好きな図書館もひとが埋まってて、座れませんでした。泣

大学生といえば、〈流行の最先端〉かなーって思うんですが、これは完全にわたし的見解なので、「いや!そこはJKでしょ!!」「いや!大学生なんて遅れてるやろ!」って思ってる人もいるかもしれないですが、とりあえず今は置いといてくださいね。

流行その1<ポケモンGO>

今、とくに流行ってるのは〈ポケモンGO〉ですよね。日本でアプリ配信された日から、私の大学でも聞こえてくる話題は〈ポケモンGO〉ばかり。私はインストールしてないから、どういうものなのかわかりかねますが、どうやら、ポケモンを捕まえるアプリのようですね~。
ちなみに、私の名前を韓国語読みすると、「キルチョン・カジャ」っていうらしく、カジャは「行こう!」っていう意味で、これもう、あの流行の〈ヨシムラGO〉になっちゃいました。てへ。(真顔)

突如と現れた〈ポケモンGO〉の人気は、子どもから大人まで幅広い年代の方々がインストールしている中、完全に流行に乗り遅れたよしむらです。

それにしても、この〈ポケモンGO〉による事故も多発してますよね。歩きスマホって、普通の視界の12分の1しか見えなくなってしまうそうなんですよ。そりゃ~事故も起きますよね。

スマホ持ちながら、フラフラ歩くだけじゃなくて、自転車に乗りながらGOしてる人もいますね。危ないですね、ほんと。GOしてる本人もそうだけど、周りの人が危ない。私も何度かぶつかりそうになりましたよ。

GOしてる人がうじゃうじゃいるところで、思わず手叩きたくなりませんか?目を覚ませーーー!って。前を向けーーー!!って。楽しいのは良いことですけど、熊本城にまで足を踏み込んだりしないようにお気をつけ下さい。

流行その2〈スノーカメラ〉

あれ、これもうそんなに流行ではないのか?もはやこの流行が、日常の当たり前になってきてる気もしますね。私も、友達と写真とるーってなったら決まってスノーカメラ使いますもんね。流行もいい方向へ過ぎ去ると、日常になっちゃうんですね。

世の女子たちが、〈盛れるカメラ〉〈顔が変わるカメラ〉として使用しているスノーカメラのように、誰もが楽しめて、笑えるアプリって良いですよね。平和やなーってつくづく。

夏も本格的すぎて、溶けるはずないのに溶けそうって言ってしまいます。ぜひみなさん日傘を差してお出かけしてくださいね!

※情報は2016.8.4時点のものです

吉村 佳子

熊本の田舎育ち。大学進学のため、生まれ故郷である福岡に移住。〈食べること〉〈笑うこと〉に一生を捧げたい。

Instagram : @kako_yoshimura_

Twitter : @www_ukye

関連タグ

この記事もおすすめ