夏は三瀬で『ブルーベリー狩り』!観光農園で収穫体験

果樹王国として知られる佐賀市三瀬村では、秋にはりんご狩りやクリ拾いが楽しめますが、夏に楽しめるのは、ブルーベリー狩り(7~9月)!真夏の日差しを浴びて育った青紫色の完熟ブルーベリーを求めて、三瀬村の「平川観光ブルーベリー園」を訪れました。

 

あった、あった。ここにも!あそこにも!たわわに実ったブルーベリーが!

ブルーベリーは、17世紀初めにヨーロッパから移住してきたアメリカ人の祖先が飢えをしのいだフルーツとされ、アメリカやヨーロッパでは日常的な果物として親しまれているそうです。そのままでもジャムにしても美味しいですよね!

果樹園でとったブルーベリーはその場で食べてOK。甘味のあるものや酸味が際立つものなど、いろいろな種類が楽しめました!張りがあり、濃い紫色のものが美味しいそうです。

ブルーベリーは「目にいいフルーツ」として日本でも人気ですが、心なしかブルーベリーを口にした後に眺めた三瀬の緑あふれる自然は、より一層美しく見えました。

収穫したブルーベリーは、持ち帰りも可能(300円/100g)。家族や友人と一緒にぜひお楽しみください。

平川観光ブルーベリー園

電話:0952-56-2539

営業時間:10:00~17:00(15名以上の団体は要予約)

住所:佐賀市三瀬村藤原2394

http://hirakawa-nouen.area9.jp/

☆三瀬高原キャンペーン実施中☆

http://www.mitsuse-kogen.jp/

※情報は2016.8.4時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ