知らぬ間に金【サ日記】~TV界は忙しい の巻~

 日本の体操男子団体が12年ぶりの金メダルを取ったのを朝知って驚いたのは、他ならぬ自分ことサニだ。たしか4位で予選通過では難しいと、内村選手が言ってたはずだ。それで逆転も凄いが、全くおれの知らんあいだに、こげな重要な競技の決勝が行われてたとは! もうちょい事前に騒いで欲しかったぞ。

 ま、おれが朝方まで目を開けて起きてたかはわからんがニャ。

 

 テレビで、この「ちゅーる」という猫の栄養補給食のCMやってたのを見た飼い主が、おれにそのCMと同じやり方で食べさせてくれたぞ。それまでは、えさの容器に入れてくれてたんだが、こっちの方が食べ方が愛らしいらしいぞ。今食べてるのは、ほたて貝柱だ。こげな高級品ばかり食べてるとフツーのえさを食べなくなると心配するやつもいるが、ダイジョブだ。おれは、ちゃんと昔の暮らしに戻れる。

 飼い主がいろいろもらってきてくれたフードの数々も順調におれ

の胃袋に収まっていく。あと一週間もしたらなくなるニャ。しかたない。

2016/ 7/30 16:31

 この写真は、宮崎にお住まいの飼い猫・ことらさんだ。おれの「花まぐろ」当選者の一匹だ。気持ちよさげに目をつぶってるニャア。

2016/ 7/30 16:31

2016/ 7/30 16:31

 こちらが、ことらと一緒に飼われてる「そのまんまミケ」さんだ。二匹で1袋の花まぐろじゃ足らんかったかもニャ。哀愁に満ちた表情をしておる。以前宮崎で活躍した元祖の「そのまんま」さんは、哀愁とは、ほど遠い顔でテレビでがんばってるニャ。

 しかし、テレビ局の人たちも忙しかろう。地球の裏側でオリンピック、甲子園では高校野球、きのうは、日本の象徴の方によるお言葉もあった。次から次にいろいろな出来事が起こる。新聞もじっくり読んでると、次の事件に置いてかれるニャア。

 おれも有り余る情報を消化しきれずにおる。メディアの洪水にニャがされそうだ。

 そげな時には、原点に帰るのが良い。わかってると思うが、おれ流の原点は、ひたすら眠ることだ。自由業猫に許された特権。労働者諸君、がんばってくれニャ(今年は渥美清さんが亡くなって20年・・・)。

2016/ 7/30 16:31

※情報は2016.8.9時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ