子どもからLGBTだとカミングアウトされたらどう思う?[実態調査]

毎年10月11日は「カミングアウトデー」。自身の性的指向や性自認をカミングアウトしたレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)の人々を祝い、人々の認識向上を目的とした記念日として、世界中のLGBTコミュニティで祝典などが行わます。

現在日本では約12人に1人、約8.0%がLGBTに該当するといわれています。

実際に自分の子供からカミングアウトされたとき、親としては受け入れられるのか?その実態について、株式会社LGBT総合研究所が調査した結果が発表されました。

【調査概要】
●調査テーマ :「親に聞いた、子供からのカミングアウト」に関する調査
●調査地域  :全国47都道府県
●調査対象  :30~59歳の男性 285名、女性281名、計566名
●調査期間  :2016年8月8日〜8月11日
●調査方法  :インターネット調査

Q:もしも、自分の子供からLGBTだとカミングアウトされたらどう思いますか?

 

「好意的に受け入れる」が4.9%、「驚くがすぐに受け入れる」が18.4%、「時間をかければ受け入れられる」が27%と、前向きに受け入れる姿勢を見せたのが50.3%とほぼ半数という結果になりました。反対に、自分の子供であっても前向きな姿勢ではない「受け入れたくないが、しょうがないので受け入れる」が38.9%、「断固として受け入れられない」が10.8%という結果となりました。

Q:「受け入れられる」と回答した人の理由は?(※複数回答可)

一番多い回答は「親の意思で変わるわけではないから」という本人の意思を尊重する意見。続いて多かったのが、「ニュースなどでいろいろなセクシャリティがあると知っているから」という回答でした。

Q:「断固として受け入れられない」と回答した人の理由は?(※複数回答可)

受け入れられないと回答した理由を見てみると、「病気だと思っているから」「恥ずべきことだと思っているから」「一時的な気の迷いだから」「気持ち悪いから」といった、LGBTについての理解や知識がないゆえの回答が全体回答数の約8割となりました。

関連URL

LGBTマーケティングラボ:http://lgbt-marketing.jp/

株式会社レティビー:http://letibee.com/

※情報は2016.8.19時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ