バンコクよりあちいぞ【サ日記】~イケニャン美形猫の写真募集しよう の巻~

 コンスタントに「40ポチッ♡」はいただけるようにニャってきたブログ猫野郎のサニだ。その増加要因の一つに、飼い主が知人に、残暑見舞いはがきを送り、「愛猫のサニが『サ日記』書いてるんで」とPRしてくれたことがある。まさに、デジタルとアナログの融合、ハイブリッドな戦法だニャ。

 そこで、さらにアクセス&「ポチッ♡」を増やすべく、真田幸村以来の知恵者猫のおれは考えた。読者のみなさんが送ってくれた愛猫写真を沢山アップすれば、「うちの猫が載ってるから見てみて」と猫好き仲間にサ日記を吹聴してくれるに違いニャイ。というわけで、今年もあと4か月余りになったので、近々「2016愛猫写真人気投票 BY サニ」の応募を始めようと思う。応募のしかたとかグランプリ賞品とか決めてから、ここで告知するぞ。たのしみにニャ。

 どう見てもダラケきってるニャア。でも、しかたニャイ。どうも福岡は、あのタイのバンコクより暑い地域になっちまったようだ。ウソじゃニャイ。証拠を示す。

 きょうから三日間のバンコクの予想気温(最高/最低)は、33/26、34/27、34/26。一方の福岡は、35/28、35/27、36/26ときたもんニャ。こげな亜熱帯みたいなとこで、ピシっとしてられるかっつうの。ほんと背広着たり、長袖長ズボンで作業されているみなさんには頭が下がりますニャ。

 

 ほんときょうは、そげな暑い中、ダラケた写真しかニャイわ。おれのダラ姿4連発である。ソファの下で隠遁生活も板についてきたぞ。飼い主もしばらく、どこにいるやらわからんやったごたる。

 おれに比べて、よその猫はこげな日にもそれなりにがんばって活動しとるニャア。こいつは、以前ちょいとうちに来てた「ヤマト」ではニャイ。通称・猫通りに居るやつだ。猫通りは入り組んでて空家も多く、隠れられる草の茂みもいっぱいあるから、猫の楽園だったが、最近少しずつ更地にアパートが出来たりしてるらしい。猫にとっては生きづらくなる環境の変化ですニャ。

 でも、このクロいやつは飼い猫か野良猫かわからんが、福々しくたくましく駆け回っておる。頼もしいぞ。

 漱石の名作が、某新聞に連載されておる。ちょいと読んでみたが、なかなか面白いニャ。主人公の「吾輩」のことを人間の多々良君という人が「休養以外に何らの能もない贅物の如くに罵った」という表現には、猫ニャがら笑ってしまった。ほんとに無能な人間どもからは、そげなふうに見えるのかニャ。

 写真は、宝島社の文庫本だが、この猫も、しみじみといい表情しとるニャ。

 話変わるが、おれさまが早々に指摘したように、ソフトバンクホークスは「チャンピオンブルー」という青いユニフォーム着てから、急に負けだしたぞ。「青」という冷静さを表す色は、「熱男」らしくないという声も聞くぞ。ニャンとかした方がいいんじゃニャイか。でも、青ユニでコラボしたサガン鳥栖は、ピシャっと川崎に勝ったけどニャ。

 野球といえば、勝ち進んでる熊本の秀岳館高校はブラスバンド部の話がネットで騒動になっとるニャ。なかなか難しい問題だニャ。

※情報は2016.8.19時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ