首相がアニメキャラ【サ日記】~しんちゃんじゃニャイのか の巻~

 「カリスマブロガー」と呼ばれる日を夢見て、サ日記執筆に励む感心な勤勉猫のサニである。おれのハスに構えた文章の内容は、きわめて小市民的であり、カリスマ性のかけらも感じられニャイ。だが、ラーメンなどのカリスマと言われてる人たちが書いてる中身も、些末ちゃ些末だ。最近は、そういう人たちが、テレビなど表舞台にも出るようだニャ。先日も、「うどんが主食」さんなる、よく食べログに書いてる人がテレビで食べ歩きしてたぞ。

 だらけ切ったおれの写真を見慣れた人たちに衝撃を与える、攻撃的なおれの近影だ。仁義なき戦いの金子信雄か北野武映画の登場人物かのようニャ凄みを出してみたぞ。

 恐いのは、顔だけじゃニャイぞ。昨夜は、いつまでも外出させてくれん飼い主への腹いせに玄関でオシッコ攻撃を仕掛けてやった。あわてて、靴を避難させ、水を撒き、洗剤でゴシゴシ洗っても、もう遅い。朝になっても、おれのつけた匂いが取れないらしい。いい気味だ。

 アベ首相が、オリンピックの閉会式でアニメキャラを演じたとか言って、話題になっとるニャ。羽鳥さんのモーニングショーでもやってる。

 おれは、てっきり「クレヨンしんちゃん」になって、「ぞうさん、ぞうさん♪」とかやってくれたのかと思ったが。

 よくわからんが、スーパーマリオっつうのは、アニメというより

ゲームの主人公じゃニャイのか。そもそも、今話題ならポケモンじゃニャイか。意表を衝くなら、「あべし!」とか叫びニャがら、ケンシロウをやっても良かったんじゃニャイか。安倍氏としては。

 このおじさんが、その安倍氏の演出をしたらしい。うれしそうだニャア。ソフトバンクモバイルの白戸家シリーズやBOSSのトミー・リー・ジョーンズのCMとかの人らしい。

 今回、海外ではわりと好評らしいが、マリオというのはどうかニャ。日本では、「誰にも言えニャイ」というドラマで佐野史郎が演じた「麻利夫」という不気味なキャラのイメージが強いんじゃニャイか。「冬彦」さんと並んで付けたくニャイ名前だ。

 アベさんとかササキさんとかおじさんの顔ばっかでつまらんだろうから、凛々しいおれの写真を説明無しで沢山掲げよう。上の写真は、「魂の叫び」だ。U2のボノだ。

 内でも外でも、眼光鋭くキレキレのおれだ。

 近所の犬も、おれの気迫に押されて近づかんぞ。

 一部の隙もニャイ、ハードボイルドなおれの立ち居振る舞い。そういえば、ジェイソン・ボーンが主役の映画がまたあるらしいぞ。たのしみだニャ。

 

 いろいろエラそうに言ってきたが、きのうの玄関での所業はやっぱ、やり過ぎだったかニャ。エサがもらえなくなっちゃ困る。

 ここは、謝って終わろうかニャ。

 ごめんニャさい。

※情報は2016.8.23時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ