新しいハラスメント用語「スメハラ」「オワハラ」知ってますか?

「○○ハラスメント」という言葉、最近よく耳にしますが、「スメハラ」や「オワハラ」って言葉をご存じですか?日本法規情報株式会社は、運営するサイト「風評被害・ネット風評相談サポート」「モラルハラスメント相談サポート」「弁護士事務所相談サポート」の運用情報や相談者へのアンケートを元に、「SNSの利用実態に関するアンケート調査」について発表。そこで「スメハラ」や「オワハラ」などの新しいハラスメント用語の認知度が2割を超えることが分かりました。

■「ハラスメントを受けたことがある」と答えた人は4割にのぼる

質問:実際にハラスメントを受けたことがあると思いますか。

調査の結果、「ハラスメントを受けたことがあると思う」と回答した人が40%、「嫌がらせではあるがハラスメントと言えるほどではない」と回答した人が27%、「ハラスメントを受けたことがない」と回答した人が33%という結果になりました。実に4割の人がハラスメントを受けたことがあると感じているようです。

■「スメハラ」の認知度が26%「オワハラ」に認知度は18%

質問:「スメハラ」というハラスメントを知っていますか?

調査の結果、「スメハラを知っている」と回答した人が26%、「聞いたことはある」と回答した人が28%、「知らない」と回答した人が46%になりました。「スメハラ」とはスメル(smell=におい)ハラスメントの略称で、においが原因となって相手に不快な気持ちを与えることで嫌がらせとなっていることをいいます。においとは汗臭さや体臭に加えて、衣類のにおいや香水などのにおいも含まれます。

質問:「オワハラ」というハラスメントを知っていますか?

調査の結果、「オワハラを知っている」と回答した人が18%、「聞いたことがある」と回答した人が29%、「知らない」と回答した人が53%となりました。「オワハラ」とは、「就職活動を終われハラスメント」の略称。就職活動に企業の人事担当者が優秀な求職者や学生を囲い込むために、他の企業への就職活動の終了を促すことが、受け手によってはハラスメントとなることを指しています。

1 / 2

この記事もおすすめ