木村拓哉氏に学ぶ【サ日記】 Mr.バンデンハークと井上順さんは似てにゃいか?

 サニです。今まさにこの「サ日記」を書きながら、BSニュースをつけてるが、「こち亀」が今日発売のジャンプにて終わったそうだニャ。40年も新しいモノのネタを仕込み続けるってのは、ただごとじゃニャイな。飼い主の話だと、作者は、初期にペンネームを「山止たつひこ」にして、がきデカの「山上たつひこ」さんから訴えられたこともあったそうだ。

 

 タイトルを見た人は、おれがわけのわからんことを書いてると思うだろうニャ。

 一応、意味はある。さっきネット見てたら、元シブガキ隊のフッくんが、「キムタクはカッコつけてスカシてる感じで嫌いだったから、彼が出るとチャンネル変えたりしてた。でも、うらやましかったのもある」と、ミョーに赤裸々な話をしてて、続きがあり、「その後、木村君と楽屋で会うことがあったら、きちんと挨拶をしていいやつだなあ、と。挨拶って大切ですよね」と、関西のテレビで話してた、という。しょせん、人の好き嫌いニャンてのはそんなものか。じゃあ、逆に挨拶だけしときゃいんだニャと思った次第だ。猫は、そう簡単にキライな奴を好きにならんが。

 だから、おれはちゃんと「木村拓哉氏」と、礼を失しない書き方をしてる。柄にも無く。彼は以前、「キムタクという言われ方はイヤだ」と言ってたからニャ。そのへんにも配慮だ。

 SMAPの25周年の9日に、ファンがメッセージを東京新聞に載せたってことが話題だが、わが福岡でもこうやって載ってたぞ。差出人の「M」さんとは誰だ?まさかメリーさん??

 大分で働き始めた一番若い飼い主が夜中に帰ってきたぞ。相手してやりたいが、おれも眠い。いわゆる「塩対応」だ。眠いからしょうがニャイ。耳がペシャっとつぶれてる。

 ニャンとか首位を保ってるソフトバンクだが、きょうは和田投手が先発。あしたは、久々にMr.バンデンハークが登板という話だ。彼も、こんだけ休んでたら心苦しいだろう。この写真、井上順さんに似てニャイか。若い連中は井上順さんを知らんかニャ。

 親切なおれは、井上さんの写真も用意する。この人だ。今でも映画とか時々出るぞ。若い頃は、もっと西洋人ぽかった。やっぱ、似てるんじゃニャイか。バンデン氏に。

 そろそろ、えさの時間だが、飼い主もおらず、枯渇しておる。腹立たしい連中だ。

 猫がガリガリするのは、飼い主の愛情が足りなくて欲求不満になるからじゃ。やるぞ。

 おれさまの本気度を思いしらさニャくては。ガリガリガリガリ。

 これだけ暴れてものれんに腕押し。手ごたえがニャイ。疲れた。きょうはこれまで。

 ねこの気持ちに、「もっと猫に愛されるには」みたいな記事が載ってるぞ。飼い主勉強しろ。

 ↓ ダメな飼い主の一人が、こげなブログも書き始めたから、見てやってくれニャ

 https://fanfunfukuoka.com/feature/60114/

※情報は2016.9.17時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ