マウントとるか、とられるか。女同士の熾烈な闘い!『シカゴ』

最近、流行り(?)の”不倫謝罪会見”ですが

見る方も演る方もパフォーマンスだと分かっているのに、人が変わっても内容は似たり寄ったりでつまらない。

どうせやるなら、面白く演ってくれたらいいのに…。

ということで、今回は不倫報道はもう飽きたという方におススメ。

マスコミすら鮮やかに利用して、スターダムへ上り詰めようとする女達を描いたミュージカル映画です。

『シカゴ』
(監督:ロブ・マーシャル、出演:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア)

<STORY>

1920年代のシカゴ。スターを夢見るロキシーは、不倫相手を射殺し刑務所送りに。そこで憧れのスター、ヴェルマと出会う。ヴェルマもまた不倫した夫と妹を射殺して投獄されていた。彼女たちの運命を操るのは、金さえあれば有罪を無罪にすることができる凄腕弁護士ビル・フリン。スキャンダルを逆手にスターダムを勝ち取ろうと、2人の熾烈な争いが始まる。

<予告編>

スターを目指しているブロンドでキュートなロキシー。

既に舞台ではスターだった美人で強気なヴェルマ。

お互い一歩も譲らず、相手にマウントを取ろうとする女同士の激しいデッドヒートが繰り広げられます。

歌とダンスが始まると、灰色の刑務所は一転して、クールでゴージャスな舞台に。

セクシーなボンデージファッションに身を包んだ女囚たちが、鉄格子越しにズラリと並び

『自業自得よ自分でまいた種!あいつに天罰がくだっただけ あなたがあたしの立場だっなら、きっと同じことをする』

と歌いながら、大胆かつセクシーに踊るシーンは圧巻です。

“身勝手でワガママで、そこが女の可愛らしさ”がテーマかなーと勝手に思っていますが、

いずれも素晴らしい映像美とミュージカルナンバー満載です。

本作は作品賞を始め、第75回アカデミー賞を総なめにしました。

しかし監督のロブ・マーシャルは元々ブロードウェイ・ミュージカルで数々の振り付けをしてきた振付師。

この映画はなんと初監督作品なんです。

原作のボブ・フォッシーの舞台を知り尽くした彼だからこそ、映像でしかできない演出にチャレンジしたことが評価されているんだと思います。

ちなみに、この映画のDVDプレミアムボックスをもっているので撮影してきました。

シガレットケース、ハートの香水瓶、網タイツ。

オリジナルグッズのセレクトもなかなかオシャレじゃないですか?

ロキシーを演じるレニー・ゼルウィガーの大ファンになった私。

そういえば最近見ないなーと思っていたんですが、『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編が公開されるということで久々にテレ

ビに出た彼女を見て、目が点になりました。

…誰?!

思わず二度見。

レニー・ゼルウィガー史上最高に美しかった時の(←失礼)映画『シカゴ』を是非見てみてください。

 

※情報は2016.9.21時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ