「あんでるせん」を知ってるかニャ【サ日記】人生観の変わる”四次元パーラー” の巻

 ちょいと、おれがブログを休んでる間に、ソフトバンクホークスが絶体絶命になってるニャ。「強過ぎる」と書いた3か月前がウソみたいだ。

 

 6月にマジックが点灯するとか浮かれてたら、今や日ハムにマジックだわニャ。 マジックといえば、長崎県の佐世保の隣町・川棚って町の駅前にすごいマジックのお店があるらしいニャン。その名も、「あんでるせん」。”四次元パーラー”という摩訶不思議なことが書いてあるぞ。

 ネタバレするから、詳しいことは書かニャイが、7、8年前行った飼い主は、「人生観が変わった」らしい。「あれは、マジックじゃない、絶対に超能力者がやってる」と言い張る同行者も居たらしいぞ。

 あのハウステンボスから車で10分ほど。秋の行楽に佐世保バーガーを食いがてら行ってみてはどうかニャ。食べ物はチョー不味いらしいから、しっかり腹ごしらえしてからニャ。予約絶必。

 最近、ちょっとシロクロがごぶさただニャア。元気か? この上のやつは、シロクロに似てるが、別猫。けさ、飼い主が出勤の途中、「猫通り」で撮ったという。悠々と若大将のように歩いている。こういう柄の猫を「はちわれ」というらしいぞ。

 猫グッズを見ると買わずにいられニャイ飼い主が、またガチャポンでこげなの買ってきた。電気ポットに乗っかってる。

 にゃんと! 以前うちによく現われてた「チャシロ」だ。いろいろな柄の猫のシリーズになってるようで、ここに「はちわれ」も居た次第だ。

 きのうの「サンデージャポン」のデーブさんの海外情報のコーナーで、ひげコンテストの話題をやっていた。おれの嫌いなカラスを自前のひげで作る酔狂なおっさんが出てたぞ。カラスは、時々猫のえさまでつつく厚かましいやつだから、出来れば付き合いたくニャイ。

 昨夜も一晩中出たり入ったりを繰り返して疲れた。最近は、朝にこの場所でぐうぐう眠るのが定番だ。きのうは、はみ出して落っこちかけた。

 さて、日ハムとオリックスの試合は0-0。泣いても笑っても、あとちょっとでパリーグの優勝も決まるニャ。全国の猫さん、それぞれの地元チームをがんばって応援してニャ。

※情報は2016.9.26時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ