ひたすら踏む猫の【サ日記】ここに来てホークスがリード の巻

 野球に興味の無い猫ことサニだが、福岡市民(しミャン)として、ホークスの優勝が風前の灯になったことは残念だ。

ついに、日本ハムファイターズがマジック「1」。そんな時に、おれに出来ることは、ひたすら祈るだけ。

 

 おれによる祈りは、ひたすら「ふみふみ」を続けることだ。この一心不乱な顔を見よ。

 わかりにくいか。

 角度を変えても、やっぱわかりにくいニャア。

 しかたない。とにかくおれの真摯な気持ちだけは伝わるだろう。

 ホークスも崖っぷち、徳俵状態だが、まだあきらめちゃおらんぞ。まだ1回だが、このあとロッテから1点取った。BSNHKでもやってるが、さらにBS12でも緊急放送だ。

 王手の日ハムが負けてるニャア。こっちも緊急生放送か。おれの”祈り”がほんとに通じたら、奇跡だぞ。来年は、あちこちの球団から「御祈祷」の依頼があるぞ。

 それにしても、もうじき10月になるのに、暑いニャア。きょうも30度くらいあるのか。

 若い飼い主が出稼ぎに行ったんで、ベッドが空いてるぞ。そこに乗ると怒られるから横で読書して、眠くなったら、昼寝としゃれこむか。自由な猫ならではの醍醐味だニャ。みなさんは、そうはいかんだろうから、せっせと明日の日本のために、働いておくれニャ。

 

※情報は2016.9.27時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ