【サ日記まがい】飼い主ブログ この店ならこれっ! 焼鳥パイレーツ「ジュジュ」のこんにゃく焼き

 最近、サニがブログをさぼっているので、飼い主がすき間を埋めるつもりで書きます。2回目の投稿です。

 今回は、福岡市最大の繁華街・天神のお隣の今泉にある「西鉄のれん街」の古参焼鳥店「ジュジュ」をおすすめしたいと思います。

  これが、その西鉄のれん街の入口に近いあたりからの撮影です。そば屋さん、居酒屋さんなどユニークで渋い飲食店が軒を連ね、食欲、酒欲をかき立てます。西鉄大牟田線の「福岡天神駅」南口に面した「国体道路」を渡り、歩いて3分ほどのところにあります。

 いちばん奥まった場所に寿司屋さんとそば屋さんに挟まれる形でお店えお構えておられます。上の方の横書きの白い看板に「焼き鳥パイレーツ」というナゾの言葉が・・・。ジャック・スパロウのような大将がいるのか、ルフィみたいなバイトがいるのか、はたまた「だっちゅうの」と迎えてくれるのか。

 いずれも正解ではありません。実直かつ寡黙な大将が、おかあさんとお二人で切り盛りされてます。いちげんでも安心して入れる誠実なお店です。

 荒々しい暴力的な要素がまったく無いこのお店、海賊らしいといえば、こげな船具のオブジェがあります。 

 「輝ける七つの海」に漕ぎ出すイメージでしょうか。しかし、このジュジュで飲み出したり、食べ始めると、そげなことは頭から飛んでしまいます。

 今回は、昼食のおすすめと夜の酒席のおすすめと2つ挙げますよ。まずは昼から。ちょいとメニューの写真、下手くそで見にくいかと思いますが、一番人気は「博多皿うどん」。たしかに具だくさんでコクがあってほんと美味しい。しかし、私のイチオシは、「チャーハン」。なんと450円です。

 大将が一心にフライパンを動かします。強い火力で一気に仕上げます。

 ほら、いかにもなチャーハンの王道でしょ。具はチャーシュー、ねぎ、たまご、そしてグリーンピース。福神漬けが添えられます。シンプル イズ ベスト。チャラチャラしたところが一切ない「男の中の男」の味です。

 薄味の中華スープとも相性が良く、ペロリとイケちゃいます。器も余計な飾りが無くて、主役を引き立てます。

 さて、お次はやっぱ焼き鳥屋さんなんで、夜の部ですね。ケンミンショウなどの啓蒙で有名になりましたが、福岡では、焼鳥の箸休めはキャベツに酢だれが基本です。飲みに来たら、待ちきれずに生ビール飲んじゃいますね。

 さて、これが夜のおすすめナンバーワンです。なんでしょう?

 これは、特製のコンニャクなんです。特製といっても、味付けが「特」なわけで、ゼロからコンニャクを作ってはいないそうです。その味付けがピリカラで絶妙。「こげな旨いものがあったか!」と唸らずにおれません。

 福岡以外の方は、「焼き鳥屋でなんで、コンニャク?」と思うでしょうが、ここではむしろ「鶏」の方が少ないくらい、はちょっと言い過ぎか。

 こんな茄子とかも、「10本セット〈1200円)に入ってたりします。ヘルシーです。

 写真ボケちゃってますね。上から「四つ身」「皮」「豚バラ」。博多”焼き鳥”の御三家とでもいいますか。

 生ビールで喉を潤したら、次は焼酎がいつものパターン。私サニの飼い主は、暑かろうと寒かろうと年中、お湯割りです。

 黒伊佐錦は、華丸大吉がCMキャラクターやってて、ただいま30周年のキャンペーンやってます。

 本題からちとズレましたね。

 昼メニューの皿うどんは、夜もちゃんとあります。一通り焼き鳥食べて、焼酎飲んでいいここちになったら、3人4人で一皿いただいてとりわけます。昼のイチオシにしなかったのは、夜も食べれちゃうからです。少し(たしか50円)昼より値段が高くなります。

 大将の焼き姿を後ろから撮影。

 みなさんも、今は少なくなった「背中で語れる男」を見たければ、「焼き鳥パイレーツ ジュジュ」に行きなっせ。

 

  ジュジュ   福岡市中央区今泉1-12-23 西鉄今泉ビル1階

         電話092(721)6909

         ランチは月 水 金 のみ  夜は17時30分~23時 日曜休みです

 

※情報は2016.10.3時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ