豊洲新市場の盛り土問題に一石を投じる【サ日記】

 最近忙しいので、更新も間をあけがちなサ日記である。秋は収穫の季節、飼い主たちの家も米を作ってて、そろそろ稲刈りだぞ。ほんとは、今週末にやりたかったらしいが、天候不順でまだ充分に育ってなくて、来週になるらしい。おれは、米は食ったこと無いが、なにせ飼ってもらってるので、豊作は祈っておるぞ。

 

 自分でも思うが、おれの写真はワンパターンで、変化が無いニャア。家のまわりにしか居ないからなのか。野良猫ニャン吉君は、その点表情豊か。最近、京都の清水寺にまで行ってる写真みたぞ。飛び降りるつもりじゃないよニャ。

 これまた代わり映えしない写真だが、しかたニャイ。こんなのしか無いから。

 きょうは忘れんうちに、この「サ日記」を書かせてもらってる親サイトの「ファンファン福岡」のPRをしとこう。

https://fanfunfukuoka.com/recommend/61494/

↑ ↑ ↑

 今週から「タウン誌・フリーペーパー大賞2016」ってやつのインターネット投票が始まった。「ファンファン福岡」もエントリーしてて、毎日1回の投票可能ニャンで、是非どんどん投票して欲しかです。11月13日までやってるんで、毎日頼むニャ。

 「影のある男」といわれるおれは、世の中を憂えるのも仕事だ。東京の豊洲の新市場の候補地に盛り土でなく空洞があった問題も、連日テレビでやってるが、おれにとっての関心事は、今の築地市場にとんでもなくでっかいネズミが沢山いるらしいことだ。だいぶ前にシロクロが獲ってきてたが、福岡のネズミは小さいからニャ。

 野性を持て余すおれは、子猫くらいでかいといわれるネズミと対決し、やっつけまくりたい。小池都知事の要請があれば、出不精なおれだが、出ていく覚悟と気概はある。

 先日、やさしい飼い主がおれの好物の「減塩花かつお」を沢山持ち帰ってきてくれた。フツーにスーパーとかで売ってる人間用の花かつおは塩分が多いので、腎臓の弱い猫の身体には向かないそうだニャ。 こんなにたっぷり盛ってくれたぞ。うまいうみゃいウミャイ。築地の市場のマグロより、おれにとってはゴチソウだぞ。やっぱ、「猫にかつお節」は言い得て妙。

 腹がいっぱいになると、こんなゆったりした姿勢になる。眼つきが悪いが、けして怒ってるわけじゃニャイ。

 ふとっぱらなおれは、花かつおを独り占めにする気は無い。弟子にも分けてやろうと思ってるが、天候不順のせいか最近、ちょいとごぶさた気味だ。先日一瞬現われたとこを飼い主が撮ったのが上の写真だ。肉づきも良く大きくなった感じがする。けっこうけっこう。

 片や、この地域一でかい「デカシロ」だ。えらくぼんやりした写真だが、闇の中で遠くから撮ったもんで、これが精一杯。こいつは、自分のなわばりからあんまり出ないやつだ。

 昔よく来てたおれの天敵・まめも最近来なくなったニャ。飼い主の話だと、よくデカシロと一緒に寝そべってるらしいが。嫌いではあるが、来なきゃ来ないで寂しいもんだ。

 ところで、おれの住む福岡では、きょうから天神中央公園というところで、「九州うまいもの大食堂」っていう催しが始まったらしい。

 にゃんとっ。「ねこ耳どらやき」なるお菓子も売っておるぞ。

 九州各地のいろんな名物料理が食べられるらしい。きのう「ケンミンショウ」で絶賛されてた「日田焼きそば」はあるかニャ? ん、無いごたるニャア。

 みんなおいしそうに食べておるぞ。飼い主によると、「ビールが飲みたくなるものばかりだが、仕事中なので飲めず欲求不満になった」らしい。

 「椎茸メンチカツ」ってのがイケたらしいぞ。お隣には、全国的に有名になった「宇佐唐揚げ」。たしかに、ビールが飲みたくなるんだろうニャ。下戸のおれには、わからん世界だが。

 芝生広場の真ん中では、ステージでいろいろ出しものもやってるそうだ。

 あした、あさって、しあさっての体育の日まで毎日やってるから、お買いものがてら行ったらいいぞ。

 人にそげなことを勧めるおれだが、自分自身は、「半径50メートル」の男。根っからの「ジモティ」だ。こんなしみじみした時代には合った生き方ともいえる。

 足ることを知る猫は、しあわせである。充実の表情。

 外敵が侵入してきても、余裕。あわてニャくてもダイジョウブ。

 こうやって、おれさまのにおいを地面に付けておけば、ザコどもは、勝手に退散する。

 向かうところ敵無しのおれ。ある意味孤独な一人旅の境地に入った。

 ほんと、替えてもらったばかりの白いシーツは気持ちがいいニャ。さわやかだ。

 あしたの福岡は少々雨模様みたいだが、あさってからは晴れる予報だ。

 みなさん、おれみたいに心安らかに過ごしてくれニャ。

 

 

※情報は2016.10.7時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ