祝!DeNAファイナル進出【サ日記】

 人間界では、休み明けらしいニャ。サニです。猫界は年中無休、常に気を張ってます。ウソだが。

 きのうは、巨人とDeNAが長々と戦ってたニャ。その間おれは、5回も6回も家と庭を出入りしておった。うちの飼い主の一人はニャぜか縁もゆかりも無いはずのDeNAファンで、秘かにニンマリと喜んでおったはずだ。

 ラミレス監督も、助っ人選手で日本にやって来てそのまんま監督になってここまで強くするとはエライぞ。松井秀喜が、アメリカの弱小球団を強くするみたいな話だからニャ。

 一方で、村田と長野は今回もそうだが、ホークスの時も妙に活躍して、福岡出身者の風上にもおけんニャア。

 

 ワンパターンなおれの写真うつりだが、たまにこげなユカイな表情も見せるぞ。ただ大あくびしてるだけだが、愚かな人間どもの世界を笑ってやってるようにも見える。ワハハハハハ・・・。

 「愚かな人間ども」といえば、動物に託して人間界のこっけいなありさまを風刺したとも言われる「鳥獣戯画」が、太宰府市の九州国立博物館で開催中だ。上の写真は、「あまり混まないうちに」と、おとといの朝乗り込もうとした馬鹿飼い主が、いきなり博物館まで数百メートルの地点で渋滞に巻き込まれた図。マヌケだ。9時半の開館に間に合うように行っても、30分は待たされるらしい。平日に電車で行くのがかしこいらしいが、勤め人には酷な話だニャ。

 結局、飼い主は20分くらい待ってUターンして観ずに戻ったらしい。

 気がつけば昼近くなってたらしく、前から行きたかったお店で、かつ丼食ったそうだ。大野城市山田というところにある「十文字」といううどん屋さんらしいが、かつ丼が有名らしい。単品で720円、ミニうどんの付いたセットでも820円。飼い主は、身を切る思いで単品にしたという。「Wかつ丼セット」という悪魔のささやきメニューもあるようだが、食べ盛り育ちざかりの部活の生徒以外頼んじゃダメだ。

 だしの良くきいた吸い物含めなかなか旨かったらしいぞ。県道113号線沿い、イオンさんの前を北に500メートルほどの場所にある。

 飼い主は行動的だぞ。一日前には、雨の中、また天神中央公園の食イベントに行ってスリランカカレー食って、近くでやってたこげな催しものぞいたらしい。

 「The Creators」- ニャンだろう?

 機械やITが苦手な飼い主は、結局ようわからんやったらしいが、なぜか水槽で鯉が泳いでる、と思ったら、リモコン操作のロボットだという。撮った動画も見せてもらったが、なめらかな動きが、まるでホンモノみたいだ。だいぶ前に「タモリ倶楽部」で、おんなじように、潜水艦をリモコン操作するのを見たけど、それに似てる。

 おれはといえば、相変わらずの出不精。家のまわりで十分満足じゃ。

 今の季節が一年でいちばん良い。でも最近、朝晩はちと涼し過ぎるけどニャ。

 人間は「体育の日」。あちこちで運動会もやってた。おれも、動き回って良い運動が出来た。そろそろ入れてくれ。

 せっかくいっぱいもらってきてんだから、好物の花かつお、腹いっぱい食べさせてくださいニャ。

 昔は、「食べてすぐ寝ると、牛になる」といわれてたが、最近は、食べてすぐ寝るのは健康に良いという説もあるらしいぞ。どっちにしろ、おれは無防備に夢の中。

 大分から帰って来てた飼い主が、また戻るらしいぞ。こげなバッグを見かけると、ついついガリガリしてしまう。また、怒られたから、外に出てほとぼりを冷まそう。

 ちょいと、出てたら知らぬ間に居なくなってるニャア。気をつけてニャ。

※情報は2016.10.11時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ