知事が妊婦に?! 国内外で話題の「ワーク・ライフ・バランス推進」動画

九州・山口の各県知事が妊婦に?! 「仕事と生活の両立」を大切にし、子育てに優しい職場づくりを進める「九州・山口 ワーク・ライフ・バランス 推進キャンペーン」推進のために制作された動画が話題となっています。

動画は、佐賀県知事・宮崎県知事・山口県知事の現役知事らが7.3kg(妊娠7カ月相当)の妊婦ジャケットを着用し、普段通り仕事をしたり、買い物や洗濯をすることで、妊婦さんの大変さを自ら体感し、夫による育児や家事サポートの大切さを実感する内容。

出演した佐賀県の山口祥義知事は動画について「私も知事になり、いろいろな体験をしていますが、妊婦体験は衝撃でした。温かい言葉、さりげないフォローがいかに女性を勇気づけるかを実感しました」と感想を述べました。

ウェブムービーは、九州・山口の知事たちが“妊婦体験”に挑戦する「知事が妊婦に」篇のほかに、家事をしない父が、家族のために“お弁当づくり”に挑戦する「ごめんね弁当」篇、社長が、会社や社員のために“定時退社”に挑戦する「NO残業社長!」篇の3つ。

幸せは、家庭と仕事のバランスでできていることを実感する内容に共感する声は多く、映画『スティーブ・ジョブス』(2013年)主演等で知られるハリウッド俳優「アシュトン・カッチャー」氏のFacebookページでも動画が紹介され、 公開1週間で10万回再生を記録。

国際社会調査プログラム(ISSP)が実施した調査※によると、日本人の夫は世界一家事育児をしないことが分かっていますが、さらに九州・山口地域の男性は、家事関連に携わる時間が全国平均より短いという結果もあります。そんな九州・山口の知事たちによる「ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン」。動画だけでなく、実生活においても話題になるような取り組みに注目です。

※国際社会調査プログラム(ISSP)「家族と性役割に関する意識調査」2012実施

※情報は2016.10.11時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ