収穫の秋到来!10月30日(日)は大分大山町農協の「古代米収穫祭」を楽しもう

リピーターもたくさん。毎年人気の収穫祭

10月30日に、大分県日田市にある「木の花ガルテン 五馬媛の里(いつまひめのさと)」で、今年も「古代米収穫祭」が開催されますよ。2010年から始まったこの収穫祭。毎年100名もの参加者がいるという人気のイベントです。楽しみにしているリピーターも多いとか。子どもの食育にもぴったりです。家族で里山の空気に浸ってみませんか。

里山の営みに出会える五馬媛の里

木の花ガルテンといえば、福岡にも店舗がありますよね。土にこだわった農法を実践している大分大山町農協の農産物を買えたり、南区の野間大池店では農家のおもてなし料理をバイキング形式でいただけたりと、人気のお店です。

そして、昨年2015年3月に新たに開園したのが、農業者の創るテーマパーク「木の花ガルテン 五馬媛の里」です。一年中楽しめる農村の原風景を創りだし、日本古来の農業と里山を世界に伝えるというというコンセプトのもと、7年もの歳月をかけて開墾し、整備しました。五馬媛というのは、古墳時代、自主自立の道を歩み、地方自治を唯一認められていたと伝えられる女性首長の名前なんだそうです。

78,000坪もある敷地には、梅、桜、アジサイ、紅葉など、四季折々の花が咲き、季節ごとの野菜が大切に育てられています。もともとの地形を生かした土手は、子どもたちの格好の遊び場。まさに里山の豊かな営みに触れられる場所です。

 

築250年以上の古民家も

園内を散策する時にぜひ行ってほしいのが、庄屋の館。なんと築250年以上なんだそう。今ではほとんど見ることがなくなった、かやぶき屋根の古民家です。もとは女医さんが住んでいて、馬に乗って往診に出かけていたとか。現在は、都市の方々との交流の場として活用されています。縁側に腰掛けたら、まるで田舎のおじいちゃんおばあちゃんちに遊びに来たようにくつろげますよ。

五馬媛の里では、年間を通じて、自然や農に親しめるイベントも行われています。

ウォークラリーやジャガイモの植え付け、すももちぎり、梅ちぎりと梅漬け体験・・・どれも楽しそう。そして、今回開催されるのが、古代米の収穫体験なのです。

 

鎌で稲刈りにチャレンジ!

収穫体験では、緑米という種類の稲を鎌で刈り取っていきます。鎌なんて使ったことない!という人も多いかもしれませんが、農家の方がちゃんと手ほどきしてくれるので大丈夫。子どもたちにとっても、農具に触れ、刃物の扱い方を学べる貴重な機会となることでしょう。刈り取った後の田んぼで、バッタやカエル取りに熱中する子もいるそうですよ。

収穫した古代米は、木の花ガルテンで販売されるおせち料理セットに付けるお餅や、お弁当にも使われるそうです。自分の手で刈り取ったお米が、商品として販売されるなんて、なんだか嬉しいですね。

 

がんばった後の、もう一つのお楽しみ

収穫をがんばった後は、五馬媛の里の散策を楽しみましょう。10月の終わりは、山はもう紅葉の季節です。収穫祭の頃は、いろんな種類のモミジがきれいに色づいていることでしょう。お昼ごはんは、旬の野菜たっぷりの木の花ガルテンのお弁当を。自然の光と風を感じながらいただく季節の味は、格別ですよ。

私たちにとって最も身近な食べ物であるお米。この秋、五馬媛の里で、稲作に親しんでみませんか。

 

木の花ガルテン 五馬媛の里 古代米収穫祭

[日時] 2016年10月30日(日)10:00~14:00(予定)

[場所] 五馬媛の里(大分県日田市天瀬町五馬市708-1)

当日9:30に木の花ガルテン・大山店(大分県日田市大山町東大山 274-1)に集合⇒ガルテンのバスで会場まで移動します。

参加費 大人2000円 / 小学生以下1000円(3才以下は無料)

※入園料・昼食代(弁当ほか)を含む

事前の申し込みが必要です。参加希望の方はこちらへ

http://www.oyama-nk.com/konohana-g/koushin_page/2016-09.html

定員に達し次第、募集終了です。お早めにどうぞ!

※情報は2016.10.12時点のものです

木の花ガルテン 五馬媛の里 古代米収穫祭

住所大分県日田市大山町東大山 274-1
URLhttp://www.oyama-nk.com/konohana-g/koushin_page/2016-09.html

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ