大谷翔平日本最速!165キロ【サ日記】

 ソフトバンクは日本シリーズに出られニャイな。おれことサニも残念だ。最後の方は、大谷選手にしてやられた感が大変強い。今年のプロ野球は、大谷の年だった気がする。まだ終わっちゃいないが。去年が柳田の年だったからニャ。ま、毎年は難しいってことか。広島の田中選手もスゴ過ぎるが。広島と札幌で盛り上がってくれ。

 にしても、きのうの大谷投手の165キロ。テレビで見た感じでは、そこまで速く見えニャイが。バッターも当ててるのがまたすごい。打者の大谷がピッチャーの大谷の球を打つ対決は一生見られニャイのがさみしい。

 

 最近のおれは、また野性が戻ってきた外に出たら、他の猫と喧嘩ざんまいだ。「近所迷惑だ」と飼い主に怒られて、夜中には閉じ込められるようになったぞ。

 一晩中騒いで戻ると、すごく眠い。ごちゃごちゃうるさい飼い主の膝でも寝てしまうくらい疲れた。

 ひたすら眠り続ける。飼い主も迷惑し始めたようだ。

 追い出されたので、大分に行ってて居ない飼い主のベッドに来た。こっちの方がよく眠れる。

  半日も眠り続けてしまった。猫は眠るのが仕事とはいえ、少々寝過ぎだニャ。

 おれが眠る間にも、飼い主たちは働く。おとといは、稲刈りだった。お天気で良かった。手伝うつもりはあったが、声もかからん。

 おれの嫌いなカラスの野郎が、虎視眈々と電線に止まって落穂をねらってんニャア。

 機械は便利だ。3時間ほどで刈り取り完了。このコンバインも、年に1回しか活躍の場が無い。もったいないニャア。

 ほんと、カラスの奴は抜け目ニャイ。刈り取りが終わった瞬間には、もう降りてきてる。頭がいいともいえる。

 おれはひとり物思いにふける。ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞について考える。

 歌詞は、文学ニャのか?歌というか曲と一緒になって初めて成り立つものじゃニャイのか。麺とスープ、さらには具も一緒になってのラーメンなのに、そのスープないし麺だけが褒められるような話にも思える。カレーライスのルーあるいはご飯だけを取り上げて評価するのはいかがなものか。そもそも、ディランは、ノーベル賞が欲しいのか?疑問は尽きない。

 考え過ぎて疲れたおれは、家に戻る。後ろのシロクロ用のえさ入れが飛ばされてるニャア。これも、カラスの仕業に違いニャイ。困った奴だ。

 おい、いいかげん入れてくれや。

 さて、毛づくろいしてまた寝るぞ。

 全国の猫諸君、いいネタがあったら、送ってくれ。最近ネタが無いからニャ。

 

 

 

※情報は2016.10.17時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ